アニメーション監督術 第4回

レポートが少し遅くなりましたが・・・

アニメーション監督術、第4回目の様子をお伝えします。
第4回目の講師は相原信洋さん。
昨年度もちいさな学校には特別講義に来ていただいてますが、私はお会いするのが初めてだったので、そのパワフルな風貌とロックンローラーな姿勢にガツーンとやられてしまいました。
自称、アニ中(アニメーション中毒)。というプロフィールがウソ偽りでないことがよくわかりました。

相原さんは若いころ、アニメの彩色~動画の仕事をしていましたが、与えられたものではない自分のアニメーションが作りたいという思いから自主制作作品を作るようになったとのこと。
今まで作ってきた作品は80~90本。今だって数本の作品を同時進行で制作中。
まだまだ作りたいものがある。その勢いが衰えることはなさそうです。

現在制作中の、一週間に1本のスパンで計20本のアニメーションを1年で作るという、メモ的な短編を5本ほど上映していただきました。

短いからといって手を抜くということではなく、今の自分の足跡をなるべくリアルに残すべく作っている、とのこと。これらの集積が、自分にとっての教科書となり、長編作品へとつながっていく、とおっしゃっていました。
とにかく大事なのは続けること。昨日の自分の残像を今日につなげる。アニメは残像をつなげて出来ているのだから、自分の肉体だってそうじゃないと・・・。

続けていると手に生命が宿る、手が動いているのを脳が見ている感覚になるそうです。それってなんだかとても気持ちがよさそうですよね。
相原さんの作品は見ていてとても気持ちがいいから、きっと描いているときの相原さんの気持ちよさがそのままリアルに伝わっているのでしょう。

相原さんの昔の作品も沢山上映していただきました。
以下上映タイトル
「おしろい羽根」(1972)
「短距離ランナー」(1973)
「光」(1978)
「映像(かげ)」(1987)
「GOVORA」(1989)
「MASK」(1991)
「RAIN」(1996)

シュールな具象から音と形が有機的に変化する抽象、実写のコマ撮り作品まで、どれもこれも相原さんの唯一無二の世界が全開!!!という感じで圧倒されてしまいました。
音楽がまたいいですね。洗脳されていくような感覚がとても気持ちよかったです。

先ほど「抽象」と書きましたが、相原さん曰く出発点はいつも「具象」なんだそうです。「MASK」では「顔」がモチーフになっているけど、顔になりきらない、形となる一歩手前を意識していたとのこと。ひとつのものを観念的に捉える、相原さんの作品。現在は「耳」を元にした作品を作っているそうです。
ご自身の作品についておっしゃっていた言葉で印象的だったのが、「もしこれが別の人の作品だったらぼくはこの人に会ってみたい」という言葉。
自分の作品に対してそう思えたら本望だなぁと思いました。
人にもよるとは思いますが、どんな作品でもものづくりをしていると何度も立ち止まったり、不安になったり、時には苦しみにもなったり・・・・ということもあるでしょう。
そんな人は相原さんの言葉にパワーをもらってください。
「マスターベーションになってもいいから、自分のカラーが出るものを作る!」
「今作りたいなら今作れ!作らない理由なんて大した理由ではない!」

自分はそんな風に、自分の満足いく今を生きているだろうか?
そう問いかけ、悩むことさえ本当は馬鹿馬鹿しいのかもしれない。
やりたいことはどんどんやる!

講義の中で相原さんは「アニメーションって本当に面白いわ~」と何度もおっしゃっていました。
「30年前にも言っていたけど、今でも本当に面白い!」
「本当は刑務所で何にも邪魔されず描きたいくらい!」
そんな正真正銘のアニ中である相原さんにとって、アニメーションの面白さとは・・・
1、ある程度のものがかける
2、動く面白さを知る
3、実験とか壊すことが出来る
4、いい作品に出会ったときライバルとして見れる
5、テクニックを磨くこともできる

そしてアニメーションには、まだまだ新境地があるのです。

b0153230_2333492.jpg

*写真は懇親会の様子
[PR]
by 2008_smallschool | 2009-12-22 21:09 | アニメーション監督術
<< ちょこっと紹介 朗報づくし >>