アニメーション監督術第5回 

アニメーション監督術第5回目の講師は片渕須直監督。
レポートが大変遅くなってしまい申し訳ありません。

ラピュタ阿佐ヶ谷での「マイマイ新子と千年の魔法」レイトショー上映も本当に大盛り上がりで、この講義のあった12月26日が最終日だったのが、年明けに再上映となりさらに再々上映が決まっています。
まさに一大ムーブメントを起こしている「マイマイ新子」
そのタイミングであったこの講義も沢山の人に来ていただき、「マイマイ新子」をより深く楽しめるエピソードや監督の思いを伝えることができたのでは、と思います。

受講者による講義レポートもあります!
詳しい講義の内容はこちらをご覧下さい。

ANIME'S IMPRESSION
たまごまごごはん

片渕監督には以前ちいさな学校で講師をしていただいてまして、ちょうどその頃取り組み始めていたのが、「マイマイ新子と千年の魔法」だったということです。
その授業の中で、
「映画は必ずしも映像で表現することに縛られない」そして
「映像では語らない部分が観客に広がりを与えることがある」
ということを話されていたそうで、その考えが「マイマイ新子」にも反映されているとのこと。

「マイマイ新子」の原作は半分はノンフィクションということで、作者である高樹のぶ子さんのバックボーンがリアルに存在しています。それゆえ、物語を構築するときの方法として、「どう組み上げるか」ではなく、「どんな風にきりとるか」と考えたそうです。

講義では実際の高樹さんの子どもの頃の写真、ロケハンで撮った大量の写真などをスクリーンに映し、解説がされていきました。

「マイマイ新子」で表現したかったこと。
それは「ノスタルジーに頼らない普遍的なもの」
そして大人にも子供にも観てほしい、そんな両面性を持った作品に仕上げたかった、とのこと。

その思いがよくわかるTVスポットがこちら

大人が子供に戻れる映画であり、子供は大人の違う一面を見ることができる。
一風変わったTVスポットですが、よくできてますよね。

片渕監督は、今までアニメーションをつくる際はキャラクターの設定や具体的な背景、細部をちゃんと描かないといけない、それをどうつくるかが大切、という考えを持っていたそうですが、もっと観客にゆだねる部分があってもいいのではないか。と考えるようになったとのこと。

確かに物語の中で出てくる昭和30年の世界と1000年前の世界のリンクについて、その理由や状況についての説明はありません。これはまったくの想像なのか、現実として起きていることなのか。そこの判断を観客にゆだねている、というわけです。
ただ「1000年前の世界」を表現する際、観客に具体的なイメージを与えるためにしっかりとした調査、裏づけは必須。沢山の資料からその努力は充分に伝わってきました。

ある部分で観客にゆだねた方がより面白い、ありきたりではない映画ができる、という監督の感性というか、選択はしっかりとした手ごたえを持って観た人に届いていると思います。
私も遅らばせながら映画を観させていただいて、はっきりと語られない状況とか、予定調和的でない展開がとても印象に残って、映画を観終わった後もじっくりとかみ締める、そしてもう一度観たくなる不思議な魅力を持った映画だな、と思いました。


「物語をいかに展開させていくか、というルールが主流となり普遍化されたことで何かが失われた」と片渕さんは語ります。
そして片渕さんが大学生の頃、友達から言われたという
「映画は人をびっくりさせるために作るもんだ」という言葉。

辻褄あわせをせず、不思議なことを不思議なまま描く。
それでも物語の着地点はこの映画独自の方法で用意されている。

講義を聞いて、映画を観て、ちゃんと納得がいきました!

穏やかな映画ながらも、観る人に新鮮な驚きや発見を与える「マイマイ新子」
2月12日までラピュタ阿佐ヶ谷にてレイトショー上映!

まだ観てない、という方はお早めに!
b0153230_22261166.jpg


では、長くなりましたがこのへんで。
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-01-28 22:23 | アニメーション監督術
<< デジスタ必見! ちょこっと紹介 >>