アニメーション監督術2017 特別編! 講師:片渕須直 監督

我々は如何にして作品をつくってきたか〜

アニメーション監督術2017 特別編 

2017年5月15日(月)19時〜21時 at ザムザ阿佐ヶ谷


原作との距離感/原作に寄り添いながら、

 如何にして作家の主体性をだすか』

講師:片渕須直 監督


アニメーションの演出とはいかなるものか。

あの作品はどのようにしてつくってきたのか。

0910年に行っていた連続講座「アニメーション監督術」

大地丙太郎、佐藤順一、原恵一、杉井ギサブロー、りんたろう、細田守、

相原信洋、合田経郎、舛成孝ニ、鈴木伸一、片渕須直(敬称略/順不同)

と数々の作品を監督・演出してきた最前線のプロたちが、各人の演出その

方法論を講義してきたアニメーション監督術の2017年特別編。


今回は、2016年度日本映画のベストと云われる

「この世界の片隅に」片渕須直監督の特別講義。

b0153230_21075118.jpg

原作を映像化~作品づくりをするにあたって何をもってのぞむのか。

原作との距離感、原作に寄り添いながら如何にして作家の主体性

出すか」をテーマにはなしていただきます。

聞き手にはアート・アニメーションのちいさな学校や大学ほかで

教鞭をとるアニメーション研究家・リスト制作委員会の原口正宏さん。

アニメーションを志す学生や、駆け出しの方、アニメーションの制作者

へ向けて、「この世界の片隅に」でのインタビューやトーク等で話され

た事とは異なった、別の切り口で監督からお話を引き出していただきます。


515日(月)19002100

at ザムザ阿佐ヶ谷 定員100 先着順

受講料:学生および25才以下:1,500

    一般:1,800円 

お申込 受付開始:428日より


お申込はアート・アニメーションのちいさな学校ホームページ

お問い合わせ・申込みフォームより。

※2010年度監督術受講者の方はその旨記載下さい。

<プロフィール>

片渕須直

アニメーション映画監督。1960年生まれ。

日大芸術学部映画学科在学中から宮崎駿監督作品『名探偵ホームズ』に脚本家

として参加。『魔女の宅急便』(89/宮崎駿監督)では演出補を務めた。

T Vシリーズ『名犬ラッシー』(96)で監督デビュー。その後、長編『アリー

テ姫』(01)を監督。TVシリーズ『BLACK LAGOON』(06)の監督・シリ

ーズ構成・脚本。2009年には昭和30年代の山口県防府市に暮らす少女・新子

物語を描いた『マイマイ新子と千年の魔法』を監督。口コミで評判が広がり、

異例のロングラン上映とアンコール上映を達成した。またNHKの復興支援ソング

『花は咲く』のアニメ版(13/キャラクターデザイン:こうの史代)の監督も

務めている。2016年、監督・脚本を務めた『この世界の片隅に』が公開された。


原口正宏

おかだえみこさんが日本アニメーション史家として絶賛するアニメーション研究家。

別名、データ原口。日本アニメーションの基礎資料収集と整理、現場の記憶を掘り

起こす作業を通して、主宰するリスト制作委員会の「パーフェクト・データ」は国

内でもっとも信頼のおける資料となっている。2017年アート・アニメーションの

ちいさな学校一般講座「アニメーション史」5月開講 生徒募集中。


★2017年度夜間アニメーションコース受講者募集中★



[PR]
by 2008_smallschool | 2017-04-21 21:12 | アニメーション監督術
<< 大橋学(マオラムド)の作画魔ぉ... 大塚康生さんと北斎アニメをつくろう! >>