大橋学(マオラムド)の作画魔ぉう塾 番外編 上映&スペシャルトークイベント開催!

あの作品の裏話も!?アニメ三昧ナイト

「大橋学(マオラムド)の作画魔ぉう塾 番外編

上映&スペシャルトークイベント」


2017.8.3(木)

18:30開場 19:00開演

ササユリカフェにて


○一夜限りのスペシャルトーク

大橋学(塾長・アニメーター)

浜崎博嗣(アニメーション監督)

伊藤郁子(アニメーター)

*参加者全員にトーク陣からの限定プレゼント!


○上映作品

「わたしのラストシーン2016(魔ぉう塾作品)」

「ゆらゆら(マオラムド単独作品)」

「未公開秘蔵映像」

b0153230_19053415.jpg

アート・アニメーションのちいさな学校で昨年より始まった、

大橋学による短期ワークショップ〝作画魔ぉう塾〟。

魔ぉう塾とは…?

エフェクトアニメーションを学び、それらを取り入れてミニ作品をつくろう、

をテーマに塾生たちが各々1つの作品を仕上げます。

昨年のテーマは「わたしのラストシーン」。

参加塾生たちの中には、アニメ「orange」監督の浜崎博嗣さんや後期セーラームーンのベテランアニメーター伊藤郁子さん!

その他、実力派の豪華塾生たちが揃い、今回上映もするオムニバス作品が完成しました。

b0153230_19080617.png


今回のイベントはその番外編として、塾長・大橋学と浜崎博嗣さん、伊藤郁子さんの御三方に


一夜限りのアニメ裏話を存分に語ってもらいます!


また、上映では昨年の魔ぉう塾生徒のオムニバス作品「わたしのラストシーン2016」と、

マオラムドこと大橋学による自主作品「ゆらゆら」、そしてお蔵入りの未公開秘蔵映像を特別に上映いたします。


そして会場では、大橋学の画集やパラパラ漫画の販売も行っています。

本人からサインも貰えるかも!?


b0153230_19071477.png
b0153230_19080428.png

b0153230_19080712.png
b0153230_19080960.png





会場は西荻窪にあるササユリカフェ。

カフェ営業の他にもアニメ関係の展示やイベントも行っており、関係者の出入りも多く現在は中央線沿いのアニメの聖地になっています!

(というのもオーナーの舘野さんは、なんとスタジオジブリで長年アニメーターを務めていたそうです!)


b0153230_19275878.jpg



〈イベント概要〉

2017.8.3(木)開場18:30 開演19:00~21:00

19:00~ 上映

19:30~21:00 トーク


ササユリカフェにて

東京都杉並区西荻北3-16-6小美濃本社ビル4階

(1階が西京信用金庫のビル)

JR中央線・総武線 西荻窪駅から徒歩3分

http://sasayuricafe.com/


定員40名 予約制

¥1,080(1ドリンク付き)


*イベント中のお食事のオーダーはできません

*お支払いは当日、受付にてお支払いになります。


お申込みは

アート・アニメーションのちいさな学校HP申込みフォームから

http://www.laputa-jp.com/school/registration/

*お申込み締切8/2

*キャンセルの場合はお早めにご連絡下さい。



〈プロフィール〉

大橋学

ペンネームはマオラムド。アニメーター、キャラクターデザイナー、監督として 数多くの仕事を手がける。

中学卒業後東映動画に入社。その後、マッドハウス、 あんなぷるなど様々なスタジオを経て、フリーに。

未公開だった長編劇場用アニメ「ちびねこトムの大冒険」 (キャラターデザイン、作画監督)が24年の時を経て公開。

ロボットカーニバルのオムニバス一編「CLOUD」初監督。 原画では、「幻魔大戦」、「METROPORIS」、「たまゆら」

ほか数多くの作品に参加。 また個展やグループ展など精力的に活動中。


浜崎博嗣 

アニメション監督、作画監督、キャラクターデザイナー

タツノコプロにてアニメーターとして活躍、また作画監督、キャラクターデザインも務める。

その後マッドハウスへ仕事の拠点を移し、多数の作品で演出を手掛ける。

TEXHNOLYZE」('03) 初監督。以降「妄想代理人」「BECK」演出や「シグルイ」「テラフォーマーズ」

「orange」の監督を務める等演出家・監督として幅広く活動している。


伊藤郁子

アニメーター、作画監督

佐藤順一作品に数多く参加するメインスタッフの一人。現在は主にサテライトで活躍中。

「セーラームーン」の後期キャラクターデザインとして知られ、

『美少女戦士セーラームーンR』以降の変身バンクの大部分を担当した。

「魔法使いTai!」や「ARIA」など泣きのシーンに定評がある。(作画@wikiより)


[PR]
by 2008_smallschool | 2017-07-05 19:41 | お知らせ
アニメーション監督術2017 ... >>