カテゴリ:ワークショップ( 6 )

夏の3日間集中講座!ワークショップ開催!

b0153230_18435494.jpg

ちいさな学校 夏の3日間集中アニメーションワークショップ
今年は立体・平面コースの二コースを実施!

1)立体コース:「真賀里文子のコマ撮りの仕方〜人形に魂を吹き込む方法〜」
  ちいさな学校長〜人形アニメのスペシャリスト真賀里文子先生が人形の動かし方を直接
  指導。人形を動かすのに必要な具体的な道具や機材の使い方やコマ撮りのテクニック、
  そしてアニメーターは何をどのように考えて人形を動かせば良いのか、作品をつくるため
  に必要なこと。人形アニメ〜コマ撮り初心者の方も、独学でやっているが専門的な指導を
  受けたい方も、3日間集中して立体・人形を動かすことの基礎・応用を学びます。
  マガリ事務のホームページ  
  講師:真賀里文子 8/27~29 連日 AM10:30〜PM 4:00(休憩あり/残っての作業可)
受講料:18,000円(材料費込み) 定員:20名
b0153230_18434592.jpg


2)平面コース:「ドローイングアニメーションのいろは」手描きアニメとPCソフトの使い方
  自分でアニメーションをつくってみたいけれど、何から始めればいいのか。
手描きの絵を取り込んで映像にするために必要なPCソフトの使い方、
  アニメ作画の基本から編集仕上げまで、一本の作品をつくる過程で必要なことを通しで
  学ぶ。一般講座「初心者のためのアニメ制作ソフトのいろは 」の特別編。
  音楽に合わせてアニメーションをつくります。

  講師:石之博和
8/27~29 連日 AM10:30〜PM 4:00(休憩あり/残っての作業可)
受講料:18,000円(材料費込み) 定員:15名
b0153230_18433415.jpg

お申し込みは、こちらのフォームより
【お問合せ・申込み】
アート・アニメーションのちいさな学校
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-12-19
TEL: 03−5327—3725
メール school @ laputa-jp.com
[PR]
by 2008_smallschool | 2013-07-27 18:50 | ワークショップ

こどもアニメーションワークショップ2009

毎年、授業の一環として開催しているこどもアニメーションワークショップ!
今年もちいさな学校の生徒たちと、杉並第1小学校4年生とで、2日にわけてコマ撮りアニメーションを制作してきました!
指導はもちろんちいさな学校長、真賀里文子
b0153230_22373393.jpg

今回は杉並区のアニメキャラクター「なみすけ」をテーマに制作。
こども達にとってなじみのある「なみすけ」をテーマにすることで発想の手助けにしよう、という真賀里さんのアイデアです。
そしてここはアニメの街、杉並区ですから!
ちいさな学校もその一員。地域に根ざす学校でありたい、という思いももちろんあります。

第1回目は様々な素材を持ち寄って、動かせる「なみすけ」を作ります。
b0153230_22423368.jpg

何を使ってつくろうかな~
b0153230_22424667.jpg

お、本家「なみすけ」も仲間入り。
b0153230_2243126.jpg


キャラクターが出来たら、物語の舞台になるセット作りも。

次回、動けるようになるから待っててね。
b0153230_22432360.jpg

皆とても良い笑顔で楽しそうに作ってました。

第2回目はいよいよ撮影。

クレイタウンというソフトを使って、まずは「歩き」の練習から。
ちょっとづつ動かしては撮影、の繰り返し。
b0153230_2243504.jpg

撮影のときは声かけを忘れずに…。
3・2・1 ハイ!
b0153230_2244774.jpg

ちゃんと動いてるかな~。チェックチェック。
b0153230_22443090.jpg

キャラクターも舞台もそれぞれのチームで個性があって面白い!
b0153230_22445998.jpg

b0153230_22452096.jpg

物語を撮影し終わったチームから、最後に人間コマ撮りに挑戦。
カメラの前で動く皆をどんどん撮影していきます。
b0153230_22453683.jpg


さて、どんな映像に仕上がってるんでしょうか。
ちいさな学校の1年生にとっては初めてのワークショップ。
最初はこども達の前でどぎまぎしていた様子もありましたが、終わる頃にはすっかり仲良しに。
教える難しさもかみしめつつ…。 きっと良い経験になったと思います!

ワークショップの様子は「なみすけ」ブログ、てくてく×なみすけでも紹介されています!
「なみすけ」のコメントも沢山入ってて楽しいブログに仕上がってますよ~!
学校のこともちゃんと紹介してくれております。
本当にありがとうございます!
そして2月13日~2月20日まで、ケーブルテレビJ-comでも紹介していただけます!
作品も一足お先に見れるかも?
時間は各日とも11:00~、19:00~、23:00~の3回。
お家のテレビで是非チェックしてみよう!
J-comさん、取材、本当にありがとうございました!

さらに!!!
ワークショップで生まれた作品は3月27、28日に予定されているちいさな学校卒業制作上映会にて 本公開します!
この日は力作ぞろいの卒業制作作品などなど、他にもたっくさんアニメーションが見れますよ! 皆、ちいさな学校に遊びに来てね!!

ちいさな学校の3年生による、卒業制作ブログも絶好調です。
そして締切りは着々と…。
各所から悲鳴も聞こえてきそうですが、ともあれ皆楽しそうにアニメートしてるぜ☆
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-02-09 22:33 | ワークショップ

夏の立体アニメーションWS 後編

夏の10日間ワークショップレポート 後編です。

2~3日目は人形づくりです。
黙々…
b0153230_17114555.jpg

試行錯誤中…
b0153230_17122252.jpg


つくりかけの人形たち。
自然の素材を活かして、味わい深い仕上がりになっています。
出番を待つ役者たちの、舞台裏といったカンジでしょうか。
b0153230_1713596.jpg

b0153230_1714934.jpg

b0153230_17141783.jpg


ちょっと休憩。
真賀里先生のチャーミングな笑顔!
b0153230_17151475.jpg


4日目にはセットの組み立てが始まりました。
b0153230_17161496.jpg


役者(人形)も入れて演出会議。
b0153230_17191153.jpg


徐々に徐々に舞台が出来ていきます。
b0153230_1721079.jpg


5日目、6日目からいよいよ撮影!
神経を研ぎ澄まし、少しづつ動かして撮影していきます。
b0153230_17245661.jpg

b0153230_17233466.jpg

b0153230_17234952.jpg


こ、これは…。どんなシーンなのでしょうか!?
b0153230_17261111.jpg


人形をアニメートするとはどういうことか。
ドローイングとは違う難しさ、面白さを見出せた人も多いのでは、と思います。

最終日。20時頃まで編集作業に取り組んで、出来たてほやほやの作品を劇場で上映しました。
b0153230_1824574.jpg


作品はちいさな学校チャンネルでご覧いただけます!

10日間で関節、人形づくり、アニメート、撮影、編集…。本当に濃い…。
そして見事成し遂げてくれました。
立体アニメーション界のトリオである、真賀里文子さん、保坂純子さん、小前隆さん。
本当にありがとうございました!

19名の生徒さんも、おつかれさまでした!
これからも、何かものづくりの場でお会いできればと思います。
[PR]
by 2008_smallschool | 2009-09-21 17:08 | ワークショップ

夏の立体アニメーションWS 前編

夏の10日間ワークショップのレポート。
遅れてしまって本当に申し訳ありません!

それでは簡単ではございますが、写真を交えてご紹介します。

10日間みっちり制作できるように、1日早い8月16日にオリエンテーションが行われました。
まずは自己紹介と題材発表。
b0153230_14271596.jpg


今回題材となったのはマザーグースシリーズの中から先生方が厳選した詩。
イメージを膨らませ、各々どれをやりたいか、選びます。
題材は4つに絞られ、チーム編成も決定。
さあ、次は人形の素材選びです。
自然の素材や面白そうな素材を真賀里先生や保坂先生が沢山集めてくださいました。
b0153230_1434041.jpg


今回の素材選びでイメージとしてあったのは香月泰男さんの「おもちゃ箱」なんだと真賀里さんは言う。

身のまわりにあるものが本来持っているカタチ、素材感からいかに発想するかがキーポイントとなります。
木片に松ぼっくりなどの自然の素材だけでなく、日常にあふれている紐や針金やブラシだって素材になりうる。1から作らなくても発想力、想像力ひとつでなんでもキャラクターになるんですね。
数々のCM制作でモノに命をふきこんできた真賀里さんならではのコンセプトです。


チームに分かれて、どんなキャラクターをつくるか話し合います。
b0153230_1438594.jpg


オリエンテーションはここまで。

次の日からさっそく人形の制作に取り掛かります。
どう動かしたいのか? どうすれば動かせるのか? そして何を使うのが面白い? 
b0153230_14435651.jpg

b0153230_14441090.jpg


初日には関節づくりの指導も。
一本の作品をつくる、というこの10日間で一体分の関節を作るのはとても無理。
そこで身体の一部分のみ関節でつくるということに。
とはいえとても繊細な感覚が必要とされるので、今回は希望者のみが関節づくりに挑戦します。
最初の説明は全員で。
b0153230_14471635.jpg


関節づくりに使う道具。小前先生が持ってきてくれました。ウン十万もするらしい!?
b0153230_14523950.jpg


関節づくり風景。
b0153230_1455538.jpg

b0153230_14553751.jpg

b0153230_1505832.jpg

真剣なまなざしです。

前編はここまで。
後編につづく。
[PR]
by 2008_smallschool | 2009-09-20 14:15 | ワークショップ

シニアワークショップ

シニアワークショップと題しまして、
ラピュタアニメーションフェスティバル2009のイベントの一環として
我がちいさな学校の生徒とご近所さま”阿佐谷北ふれあいの家”にて利用者さんとアニメーションしてきました。
もちろん、指導者として立体コースの真賀里さん、今年は平面コース、石之さんにも指導者として参加していただきました!!

真賀里さん考案の「軍手」「靴下」を使って作る人形をアニメーションするのです。
今回は新たに平面、描くアニメーションも行われました。
b0153230_1805213.jpg

b0153230_189475.jpg


できあがった作品はラピュタアニメーションフェスティバルにて上映されます!!
前回行ったこどもワークショップも同時上映!!
場所:ザムザ阿佐ヶ谷
日時:3月22日(日)13:00〜
料金:無料(22日プログラムのみ!!)
ぜひご覧になってください!
[PR]
by 2008_smallschool | 2009-02-04 17:55 | ワークショップ

こどもワークショップ

昨年度に引き続き、今年もこどもワークショップが開催されました。
授業の一環として、ラピュタアニメーションフェスティバル2009のイベントとしてちいさな学校恒例のイベント?!

こどもワークショップはアート・アニメーションのちいさな学校近くの杉並第一小学校4年生を対象に行います。
今年は、2回に分けて人形製作とアニメーション撮影を指導。

昨日は初日。アニメーションする人形の作り方を児童に教えます。
真賀里さんの指導のもと、ちいさな学校のちいさな生徒は先生となり、各班につき指導。

意外に、指導が上手い!生徒たちにびっくり、児童の元気にあっぱれ!!
一組につき2時間しかないなか、出来は上々!・・残りは宿題になりました。
次回は一週間後です。いよいよ撮影です。どんなアニメーションになるのやら!!

b0153230_17471386.jpg

b0153230_17473419.jpg

b0153230_17474833.jpg

b0153230_1748111.jpg

[PR]
by 2008_smallschool | 2009-01-15 17:50 | ワークショップ