カテゴリ:学校の日々( 40 )

アニータ・キリ(Anita Killi)監督が来校。

8月末 第14回広島国際アニメーションフェスティバル閉幕して、東京。
前大会グランプリ、今大会では特集上映がありましたアニータ・キリ(Anita Killi)監督
(ノルウェー)にタイトなスケジュールの中で、学校/映画館を見学に来て頂きました!
コーディネイトしていただいた橋本さん(みゆき野映画祭)本当にありがとうございました!
翌日の朝には日本を発つとのことで、今日は朝からハードなスケジュール。

こちらへ来る前、山村浩二さんの仕事場から阿佐ケ谷に着いたのは夜8時頃。

作品でつかう和紙、日本のおみやげなど買うことはできる?ということで
急いで阿佐ケ谷パールセンター内の"ねじめ"さんへ。日本の民芸品が集まったお店。

b0153230_201256100.jpg

閉店しかけていたところにギリギリ。作品でも使用されている和紙を。

アニメーションの教育に力を入れているアニータさんは、疲れているにも
関わらず、学生たちへ丁寧に自作について、ものをつくるということ、
アニメートetc、実際の切り絵人形も見せていただきながらお話していただきました。
b0153230_20154496.jpg


b0153230_20163545.jpg

(廣安さん通訳ありがとうございました!)

b0153230_201762.jpg

(赤い帽子の次回作のキャラクター。)

ノルシュテインさんの授業を受けて、アニメーションの道へ進む事を決めたそうで、
ラピュタ阿佐ケ谷でノル氏の来日した時の話などなどでも盛り上がりました!

b0153230_20184264.jpg

(山猫軒、ノル氏のお気に入りの席にて)
b0153230_2020518.jpg

(ラピュタのロビー、梁へ置き土産を。タイトルは「秘密の家」※) 

最後はみゆき野映画祭でもお世話になっています「よるのひるね」さんでお別れ。
終電ギリまで。アニータさん、モニカさん、みなさま有難うございました。

どうやら日本に2年連続して来れたのは奇跡だそうで(自身スタジオ、こども達の世話に、旦那さんは家の牧場で手一杯などなど)、次に来日できるのはいつになるのでしょう?とのことでした。

駆け足でのご紹介で恐縮です。それではどうぞよろしくです!
[PR]
by 2008_smallschool | 2012-09-04 20:30 | 学校の日々

★★ファンタスティック!上映会★★

b0153230_14332262.jpg
会場いっぱいの客さまで、大成功の上映会でしたね。

作品たちも大喜びしたことでしょう。

映像の上映だけでなく、人形の展示も併設されているのは見る側にとっては嬉しいものです。

会場のかざりもきらきらして可愛くて、手作りの心あたたまる上映会でした。



b0153230_11561385.jpg

地下にもぐってすぐの、可愛い飾りつけ。
b0153230_1157473.jpg

上映前の会場風景。
b0153230_115929100.jpg

「ザリガニ」の作品説明をするkさん。
b0153230_12103551.jpg



夜間立体生徒作品。

大盛況でした★

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました★
今後ともたくさんのアートアニメがこの場所で生まれることを、大いにご期待下さい!
b0153230_17305337.jpg

[PR]
by 2008_smallschool | 2011-06-27 12:20 | 学校の日々

新宿 脱原発!参列模様。

3.11からちょうど三ヶ月。新宿で行われた反原発デモに学校スタッフ総動員でいってきました。

2万人のひとが集まり、取り立てて暴動も起こらず平和的なよいデモでした。

わたしははじめてデモに参加したのですが、やっぱり思うのは



「健康に生きるために原発はいらない。」


はやく、脱原発を実行できる政府を組み立てるためにも、国民ひとりひとりがしっかり

と意思表示をするべきだと思います。

地道にそういった意識をもって行動すれば、だいぶ世の中が変わるのではないでしょう

か。


b0153230_17252284.jpg[#IMAGE|b0153230_17275386.jpg|201106/13/30/|mid|500|333#]



スタッフ k
[PR]
by 2008_smallschool | 2011-06-13 17:28 | 学校の日々

雪だるま♡

雪積もる夕方、2年生の比楽くんと青木さんが雪だるまづくり。
ずぶぬれになりながら夢中でつくる姿が可愛かった。
b0153230_16471830.jpg

思わずタオルと紅茶を渡しました。ノルシュテインの絵画の雰囲気を漂わせたよう。
素晴らしい。
b0153230_1647730.jpg

[PR]
by 2008_smallschool | 2011-02-27 16:50 | 学校の日々

ちいさな学校 生徒作品入賞歴など2010現在

2007年に開校したアート・アニメーションのちいさな学校、昼の部や夜間コース、
生徒作品のこれまで入賞・受賞歴が、キネマ旬報 12月上旬号に掲載されています!
有難うございます!JAPAN TOPICSのページです。
b0153230_2119994.jpg

キネマ旬報 2010年12月上旬号 No.1570号
【巻頭特集】 現代を生きるヒントがここにある
「武士の家計簿」森田芳光監督 ロングインタビュー
 仲間由紀恵、中村雅俊、松坂慶子、西村雅彦 インタビュー


2007年の開校/入学時にはアニメーションの全くの初心者だった生徒たちが、
この3年間で、確実に成長していっています。2年次で制作した作品「月天」や
久里洋二課題「無人島ショート」、そして卒業制作の『豹』!! 卒業後もヌクス
タジオで、TVその他、また自主作品の制作と、人形アニメーション精進中!

●「豹」崎村のぞみ、宮崎菜穂、野田美波子、飯田裕司
 映像コンテストデジタル岡山グランプリ<グランプリ>

●「蛇が泣く」青柳清美 ASK映像祭2010<入賞>

●「kensaku syounen」金子早織
七尾旅人「検索少年」ミュージックビデオコンテスト<100%ORANGE賞>

●「月天」藤本佐知子
 第5回学生国際ショートムービー映画祭in関空<準グランプリ>、
 2009アジアデジタルアート大賞<入選>、
 調布映画祭第13回ショートフィルムコンペティション<入選>
 しずおかデジタルコンテンツグランプリ2009<入選>
 東京国際アニメアワード2010<入選>

●「無人島ショートショート」小田文子:YouTubeビデオアワード2009<ノミネート>

●「laputa circus」ミハイルトゥメリヤ+昼一期一年次
  かわさきビデオコンテンツアワード<デジタルメディアラボ賞>

●「カエルの子」河村誠
 第3回こどもアニメーションフェスティバル学生部門<優秀賞>

●「空中卵かけライス」沼田光太郎
 第3回こどもアニメーションフェスティバル学生部門<審査員特別賞>

●「A Little Symphony in the Forest」廣安正敬
 第26回シカゴ児童映画祭<入選>
 National Glallery of Artにてこども映画プログラムとして招待上映

● 「クール&ピート」平田裕美子
  TCMアワード2010サポーターズ賞<DLE賞>

※映画祭等招待上映は一部割愛してます。
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-11-24 21:40 | 学校の日々

第1期生、卒業!

3月30日。
卒業制作上映会の熱も覚めやらぬうちに、第1期生の卒業式が行われました。
3年間、一緒にアニメーションをつくり成長してきた皆の最後の行事です。

卒業証書と記念品(「アート・アニメーションのちいさな学校三年間の記録」)の授与。
b0153230_21242649.jpg

卒業証書は真賀里さん、久里さんのイラストが入った特別仕様。
こんなに嬉しい卒業証書、なかなかないと思いますよ!

入学式でもお世話になった「TAIKU-ZIKAN」さんによるガムランの演奏も。
b0153230_21321025.jpg

これで3度目。すっかりおなじみになりました☆
何故、ガムランなのかは… 永遠の謎にしておきますか。

卒業式のあとはやっぱりパーティー☆
パーティー大好きなちいさな学校。
卒業生から先生方へ、心のこもった色紙と花束のプレゼント。
b0153230_21363823.jpg

似顔絵のクオリティが高い!さすがです。

パーティーの後半。
藤本さんの「月天」が入選した東京国際アニメフェアアニメアワード2010授賞式の映像を皆で確認。
実は、授賞式が卒業制作上映会とかぶっていたため、アニメーション史講師の原口さんが代理で出席して証書や盾の授与、挨拶までしてくれていたのです!
証書を受け取る原口さんの姿に爆笑!&心あたたまる挨拶に涙…。
その後は、原口さんより藤本さんに証書と立派な盾の授与。
b0153230_21491464.jpg


藤本さん、本当におめでとうございます!
出席できなくて、逆に素敵なシーンを見ることができました。


私は一年間という短いつきあいだったのですが、皆さんの制作に打ち込む姿に、本当にわくわくさせられた1年でした。
卒業、おめでとうございます!!
これからも、つくり続けてください。

明るく、元気に。いつまでも。
b0153230_21594226.jpg


その後、飲み会は朝まで続いたそうな…。
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-04-02 22:10 | 学校の日々

ぶっとび!卒業制作上映会★終了

あー!っとアニメーションのぶっとび上映会!!!

無事終了しました~!
2日間、本当に沢山の方にご来場いただき、ありがとうございました!!
各回2会場とも満席!という盛況ぶりに、スタッフもホッと一安心。
イベントに展示、受付、誘導、パーティー準備。。。
生徒の皆さんも本当におつかれさまでした!!
皆が力を出し切った卒業制作上映会の一端をご紹介します☆

27日のイベントデー。
「人間コマ撮り meet 人間動物園 with 久里洋二!」
b0153230_178949.jpg

実写で久里先生の「人間動物園」を再現しよう!というこのイベント。
参加型で来場者がカメラの前に立ち、男と女の愛増劇をポップに楽しく演じます。

アレアレ~
b0153230_1784337.jpg

ひぃ~
b0153230_17303699.jpg

ぎぃえぇぇぇ~~
b0153230_17311255.jpg


女ってこわい!けどやられてる男たちも楽しそう!?
オリをガムテープで表現したのがスバラシイです!
演出も久里さんの作品世界をちゃんと再現してますね☆
巨匠、ヨージクリも思わず笑顔*(^-^)*
b0153230_17572582.jpg


石上三登志&真賀里文子トーク・ショーも大盛況!
ゲストの上杉忠弘さんも交えて、卒業制作作品について語っていただきました!
b0153230_1843260.jpg


締めのパーティーはディスコ化した教室で。
b0153230_1915630.jpg

この会場づくり、脱帽です。なんかミラーボール回ってんですけど(笑)。
皆ごちゃまぜで飲んで笑って、語らって…。
出来たての「人間コマ撮り meet 人間動物園 」も上映。オリジナルと同じ音も入って堂々たる仕上がりに!いずれwebで観れるようアップする予定です!
上杉さんもパーティーに参加してくれました☆
b0153230_189214.jpg


28日は4つのプログラムが上映されるショウデー。
卒業制作作品集に1年生&夜間コース作品集。
フィルム上映や久里先生の「11PM」!こどもWSの映像も。
上映の合間には地下スタジオの展示作品を鑑賞。
ちゃんとコンセプトに合わせて展示の仕方も工夫してますね~
b0153230_18173259.jpg

原画や絵コンテ、人形。作品の舞台ウラ。
b0153230_18224182.jpg

b0153230_18225279.jpg


受付では上映会に合わせて、事務局長兼COMICBOX編集長と編集部のスタッフさんが中心となって作ってくれた卒業制作カタログ、題して「アート・アニメーションって何?~アート・アニメーションのちいさな学校三年間の記録~が販売されました!
b0153230_18364547.jpg

普通のカタログ本とは違って、新書サイズで読み応えのある内容になっております!
作品や生徒の紹介だけでなく、久里さん、真賀里さん、石上さん、原口さんと豪華講師陣によるインタビューも収録されています!
書店でも買えるよう流通させる予定!
学校でも買えますのでほしい人は事務局まで。

よろしくお願いします☆
b0153230_18522653.jpg


最後にもう一度。
上映会に足を運んでくれた皆々様。
本当にありがとうございました!!
これからもちいさな学校をあたたかく見守って…。
いや、むしろ一緒に盛り上げていってほしいと思っています!
よろしくお願いします!!

おつかれさまでした~~~!!!
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-04-01 16:44 | 学校の日々

あと1週間!

こんにちは!
春の陽気ですねぇ。
近所へのおつかいもぽかぽかしていてイイ気分(^-^)

学校では作品完成に向けていよいよ大詰め!
当初の締切りはとっくに過ぎてますが、ここまで来るともうとことんまで頑張るしかない、ですよね。
昼夜問わず、学校各所で生徒たちが奮闘しています。
地下スタジオを覗くと、謎の撮影現場に出くわしました。
b0153230_12564637.jpg


んん?何撮ってるんですか?
b0153230_12583320.jpg


ほ~なるほど。これは~、アレですね。
少し作品への謎解きになりましたか?
彼女は3年平面の吉野さん。一晩中ここで撮影していたとか。

1週間後の公開が俄然楽しみになってきました!
あー!っとアニメーションのぶっとび上映会、いよいよ27日、OPEN!

と、その前に。
今日は夜間コースの卒業式です。
1年間の締めくくり。生徒の皆さん、本当におつかれさまでした!
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-03-20 13:13 | 学校の日々

J-com取材!

先日、ケーブルTVのJ-comさんに取材に来ていただきました!
今回は「学校に挑戦してみよう」という企画で、ちいさな学校もそのひとつとして取り上げてもらえるそうです。
リポーターさんの体験コーナーがあり、撮影の終わったセットを使って人形アニメーションに挑戦していただきました。真賀里さんの指導で、最初は動かす大きさも指示していたのが後半は自分で調整しながらアニメートできるように!
「上手い!」と真賀里さんからもお褒めの言葉。
そばで見ていて自分もやりたくなるくらい、楽しそうでした。
b0153230_0144748.jpg


「インスタントな育て方はしたくない」
とは学校の紹介をしていた時の真賀里さんの言葉。
少人数制であることの意味。
アートは教えるものではないけれど、豊かな経験を持つ先生方の「生き様」を見せることにこそ意義がある。その中で思う存分悩み、思考錯誤する「場」としての学校でありたい。

本気で育てたい、という先生方の思いにこの学校は支えられているんだなぁ。
放送では短く編集されると思うけど、全部届けたい言葉でした。
別撮りしておくんだった、と少し後悔したくらい。

あ、届けたい言葉がもうひとつ。
昨年10月に行われたユーリー・ノルシュテインさん来校シンポジウムの様子が、やっとこさUPできました!!
生徒作品の講評の全文を掲載しています。
ノルシュテインさんの言葉には、アニメーションを志す若者たちへの大切なメッセージが沢山こめられています。
参加した人も参加できなかった人も必見!
是非是非ご覧下さい!
b0153230_0322113.jpg

[PR]
by 2008_smallschool | 2010-03-18 00:32 | 学校の日々

加藤雄大特別講座/黒澤・岡本・大林の現場を語る

昨夜、本校の特別講師である撮影監督・加藤雄大氏による公開講座が行なわれました。
黒澤明「椿三十郎」、岡本喜八「EAST MEETS WEST」、大林宣彦「転校生」の三作品の冒頭10分程度を上映し、個性才気あふれる三監督との仕事について対談するという、内容でした。客席は、瞬く間に若いものつくり達で埋まって、プロカメラマンの話を食い入るように聞く、そんな顔が目立ちました。特に、「転校生」は「全部見たい〜」とリクエストがでたものの、あっという間の2時間でした。名作の裏に、この人有りき。心が洗われました。
講義での格言「『まぁ、いいか』ってなるなよ!」
b0153230_17505760.jpg

雄大監督、京都ロケを終えた直後にかけつけてくれました。次回、新作映画楽しみにしています。
b0153230_17541580.jpg

[PR]
by 2008_smallschool | 2010-03-03 17:55 | 学校の日々