<   2008年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

新国立新美術館

ちいさな学校の生け垣の雑草を抜いたら、ちいさなにんじんでした。
アニメーションをつくる学校ですが、稀ににんじんができるみたいです。

本日はICAFに行ってきました。
b0153230_11351465.jpg


シンポジウムと上映を見に行って参りました。
さすが、シンポジウムはとても面白く、とても勉強になりました。

・就職派と作家派。(才能がないと思ったら就職すべきってこと)
・悩んでいるよりもまずつくるべき。そこから見えてくるものがある。
・打ち込んだカロリーは映像に入っている。

・・・などなど。
若手作家や第一線で活躍する人々の言葉は重みがありました。

b0153230_11441447.jpg


それにしても六本木。
それにつけても新国立新美術館(「新」が2つも!!最強ですね)。
あぁ、なんてベラボーな建物なんざんしょ。

・・阿佐ヶ谷が恋しくなり、閉会式後そそくさと会場をあとにしました。
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-09-30 11:45 | お知らせ

ICAF

今日からインター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)が始まりました。

うちの学校スタッフ1名、LAFスタッフ1名は早速、参りましたー。
なお、もう一人の学校スタッフは教材買い出しで出てしまったので、しばし杉崎ひとり事務局におりました。うぅ。

ICAFはアニメーションを専門的に学ぶことのできる教育機関が推薦する学生作品を一同に集めた、学生のための本格的なアニメーションフェスティバルとして、今回で開催6回目。

会期:2008年9月25日(木)、26日(金)、27日(土)、28日(日)
会場:国立新美術館 3階講堂
入場:無料
URL:http://www.icaf.info/

もう、秋ですね。夕焼け空がまっかでした。
いつか、ちいさな学校も参加できたらいいですなぁ〜
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-09-25 18:15 | お知らせ

人間コマ撮り

こんばんは!お祭りの筋肉痛がまだ残っている杉崎です。

本日夜間立体コースでは、人間コマ撮り撮影がありました。
いつもは人形を使ってコマ撮りの練習をすることが多いのですが、やはり動きを覚えるには体を使った方が良い!とのことで、人間(生徒)を使っての動きの練習をしました。

生徒たちは真剣に「動き」に向き合っていました。
時間を計りながら、一つの動きを決めていく作業は根気がいりそうです。
b0153230_1842155.jpg

[PR]
by 2008_smallschool | 2008-09-17 19:30 | 昼間部人形アニメーション

お神輿

本日、阿佐ヶ谷商店街主催のお祭りがございました。
各商店街のお神輿が阿佐ヶ谷の街を通ります。

黄金に輝く鳳凰お飾り
b0153230_1528565.jpg

学校近くの通りにて
b0153230_15284023.jpg

南口にて
b0153230_15282289.jpg


学校は昨年から参加させてもらっています。
学校一同はスターロード商店街の一員として恥じぬよう心一つで参りました!
お神輿は11時くらいに始まり、何度か休憩をし、終了したのがだいたい18時半くらい。
元気がとりえの学校一同もさすがに後半はへろへろになっていましたが、精いっぱい声をだし、担ぎ、飲み、食べ、とても楽しい貴重な時間を過ごしました。

スターロード商店街および各阿佐ヶ谷商店街のみなさま
お祭り大好きな学校一同ともども
今後もちいさな学校をよろしくお願いいたします!

次の日、私杉崎、ふだん動いていなせいか筋肉痛に苛まれました。。
いたたたたぁ。。
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-09-14 23:30 | 学校の日々

広島レポートその6

広島レポートいよいよ最後です

8月11日フェスティバル最終日
学校ブースではぎりぎりまで販売しました。

さて、本日コンペティションのグランプリが決まります。
さすがに最終日ともあって人が多いように感じます。
閉幕式では審査員のみなさんから熱いメッセージが添えられ、
国際名誉会長ことポール氏のコメントは印象的でした。
「毎回、上映するものの傾向が年ごとに違うけど、今回は誰かが誰かを食べちゃうものが多かったね。あと今年は釣りツアーもあって、フェスティバルで魚が釣れるとは思わなかったよ。今年のフェスティバルは釣りだったね!」・・うる覚えではございますが、確かそのようなコメントもありました!

その後、関係者パーティーが開かれ、学校一同はお邪魔しました。

なんとパーティーでは国際審査員のエレーナ氏とお話しすることができました。
終盤は歌あり、踊りあり。ドラマあり。アニメーター恐るべし!
アニメーションをつくることは体を動かすこと。もちろん、学校一同はノリノリ、イケイケ、ゴーゴー(?)でしたよ!
この5日間はあっという間で、でも長く、とても濃い楽しい、フェスティバルでした。

広島フェスティバル運営スタッフのみなさま、お疲れ様でした!
楽しい時間をありがとうございました!!!!

また2年後2010年にお会いできるといいですね!

12日・・・これぞ後の祭り。さー東京へ!夜行バスだけどね☆えぇっ!?
b0153230_14431344.jpg


コンペティションの受賞者の皆様!おめでとうございます!

グランプリ
「カフカ 田舎医者」山村浩二 監督

ヒロシマ賞/観客賞
「つみきのいえ」加藤久仁生 監督

デビュー賞
「ザ・ハ−ト・イズ・メトロノーム」ジャン・シャルル・ムボッティ・マロロ監督

ルネ・ラルー賞
「ア・リトル・ファーザー」フランソワ-マルク・バイエ監督

木ノ下蓮三賞
「ブレックファスト」イザベラ・プルシンスカ監督

国際審査員特別賞
「マダム・トゥトゥリープトゥリ」クリス・ラヴィス/マチェック・シェバウスキ
「KJFG No.5」アレクセイ・アレクセイェフ
「オクタポディ」ジュリヤン・ボカビエル、フランソワ・ザビエ・シャニュー、オリビエ・デラバー、ティエリー・マショー、クエンティン・マミエー、エムド・モクベリ
「ジハルカ」オレグ・ウジノフ
「キャディド」ゼペ
「ドント・レット・イット・オール・アンラヴル」サラ・コックス
優秀賞
「ジョン・アンド・カレン」マシュー・ウォーカー
「ミナスキュルーてんとう虫」トーマス・サボ
「ベトン」アリエル・ベリンコ、マイケル・ファウスト
「ラプサス」ホワン・パブロ・ザラメラ
「ラヴァトリー・ラブストーリー」コンスタンティン・ブロンジット
「ロスト・イン・スノー」ウラディミール・レスチョフ
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-09-12 14:56 | 広島レポート

大地丙太郎スタイル ギャグ編 in 阿佐ヶ谷ロフトA

告知です。
来る9月14日(日)大地さん演出講座「大地丙太郎スタイル」がブログを飛び出して
ライブで行われます!!! 
b0153230_15251318.jpg


『ブログ「大地丙太郎スタイル」のライブをします。
今回は「ギャグ編」として、ギャグ演出のノウハウを酒飲みながら講義します。
赤塚不二夫「おそ松くん」との出会いから、赤塚ギャグの影響をどう受けたか。
大地から見た赤塚ギャグとは。そして「ギャグマンガ日和」「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」のメイキングトーク。などなど、話せたらなと思ってます。』
(大地丙太郎)

場所:阿佐ヶ谷ロフトA
東京都杉並区阿佐谷南1−36−16ーB1
JR中央線阿佐谷駅パールセンター街徒歩2分
電話:03-5929-3445
FAX:03-5929-3446
2008年9月14日(日)
OPEN18:00 / START19:00
前売¥1,500/当日¥2,000(共に飲食代別)

一族郎党振るってご参加下さい!
宜しくお願いいたします。


[PR]
by 2008_smallschool | 2008-09-10 15:37 | お知らせ

昨日、野澤先生の音楽の授業が行われました

スティーヴ・ライヒの作品を取り上げ
映像と音楽の関係についてお話していただきました。

作品に対するアプローチのしかたなど
テクニック的なことではなく、コンセプトなど考え方の部分を学ぶ大切な授業です。

b0153230_15385445.jpg


授業では、日本の学生の作品には何を言いたいのかわからない作品が多い。
それは問題意識をもっていないからで、いろいろな方面に自分なりの意見を
持っている必要があるということなどを話されていました。

b0153230_15391955.jpg


作品制作には、手を必死に動かすことも大切ですが
脳みそをこねくりまわして考えることも必要なのですね〜。

いやあ作家になるって大変ですねえ。
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-09-09 15:24 | 学校の日々

日本アニメーションの黎明期

先日木曜、原口先生のアニメーション史の授業が行われました。

最近発見された日本最古のアニメーション「なまくら刀」は
実は日本で3番目のアニメーションだという話や、
日本の初期のアニメーションは切り紙アニメーションだったという話、
アメリカのアニメーションが与えた影響などとても興味深い話をして頂きました。

そして、戦争がアニメーション与えたよい影響や悪い影響。
大変な時代にアニメーションを制作した偉大な先達のうえに
現代の日本のアニメーションがあるんだなと考えさせられました。
b0153230_13172188.jpg

b0153230_1318061.jpg

熱弁を振るう原口先生

この学校から、アニメーション史に残るような作家が生まれることを
期待した夜でした。
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-09-06 13:18 | アニメーション史

展示のお知らせ

展示のお知らせがあります!
我が校の講師、久里洋二先生の個展が開催されます。
下記の通りです!

久里洋二展「アニメラマ」次の時代は映像から飛び出す時代!
場所: art space kimura ASK?
期間:2008年9月8日(月)〜20日(土)
時間:11:30〜19:00(最終日17:00まで)
※日曜・祝日9月15日(月)休廊
イベント:8日(月)17:00〜オープニングパーティ
上映:ドキュメンタリー映画「久里洋二でいこう!」 
会期中15:00〜16:30 90分

ぜひ、ご来場くださいませ!
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-09-05 20:03 | お知らせ

いよいよセット製作突入

いよいよ、立体コースは美術セットの製作に入ってきました。
各班それぞれセット台に分かれ、作業に取りかかりました。

地下スタジオでは4チームがそれぞれセット製作しています。
b0153230_1741610.jpg

b0153230_1742771.jpg

b0153230_17435922.jpg

ライブラリー横のスタジオ、大きなセット
b0153230_17432731.jpg


セット製作を見学しつつ、ちょっと生徒さんたちと話したんですが、
作業がとまっていたので、どうしたのだろうかと伺ったところ、
「疲労が出てきたから今日はこの辺にしてきます、
そのままやりつづけると色彩に影響出てくるので」とのこと。
その言葉を聞いて、思わず作品製作に対する真剣さに関心してしまいました!!
常にベストコンディションで製作し、ベストなものをつくる!なるほど!(涙)

さて、私にとってはこういった作業風景は初めてだったので、
「作業、大変そうですね」と伺ったとことろ、
2年目の生徒さん曰く、「撮影に入ってからがもっと大変なんですよ〜!」と教えてくれました。
おぉ!美術セット製作を見ているだけでも大変そうなのにそれ以上とは!!

どうなってゆくのか引き続き見守りたいと思います。
夜がまた更けてゆきます。
b0153230_17443266.jpg

[PR]
by 2008_smallschool | 2008-09-04 18:05 | 昼間部人形アニメーション