<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ラピュタアニメーションフェスティバル開催決定!

こんにちは!ついにアニフェスの第一段チラシができました!!
b0153230_12521750.jpg

b0153230_12523261.jpg

2009年はエストニア特集を中心としたアニメーションフェスティバルでございます。
エストニアは意外にもアニメーションの歴史が古く、エストニアという特殊な歴史をもつ文化の中で製作されてきたアニメーションは感慨深く、そして独特の面白さを放っています。
さらに若手作家さんの交流の場としてちいさな学校の地下劇場にてワカサカ in LIAFも同時開催。ちいさな学校は生徒の作品上映もあります。来春は注目のアニフェスですよ!!
(尚、今年はコンペティションは行いません。2010年に予定しています☆)
それから、チラシは一昨日に各機関などに発送いたしました。チラシをお手にとっていただけると幸いでございます。
・・・エストニア特集ということもあり、スタッフ数名はエストニアに取材。
そのお土産に不思議なタペストリーをいただき、事務局に飾ってみました。
なかなかシュールなにゃんこタペストリー・・あぁ!カラスがっ!!
b0153230_1253321.jpg


真賀里先生のスタジオの野中さん。(学校では大変お世話になっている方です。)
誕生日にみんなで靴下をプレゼント。そしてついに今日履いてくれました♪記念撮影です!
b0153230_12592353.jpg

(大事にポケットに靴下を入れていた(!)ので、履いてもらいました!!)

・・・そして今日スタジオで備品の在庫を確認していたら、ものすごい奥にこっそりと居たので無理矢理事務局につれてきました。
名前はまだありません(笑)ですがいいやつです。つねに影にいるのが好きみたいです。
b0153230_1325232.jpg

[PR]
by 2008_smallschool | 2008-11-28 12:45 | お知らせ

ワカサカ第2回開催!!

ますます、寒くなってきた今日この頃
みなさま体調は大丈夫でしょうか?

そんな寒さもワカサカで吹き飛ばしましょう!
くる12月6日(土)にワカサカ第2回の開催が決定しました!
以下その詳細です。

【ワカサカとは?】
若手作家が作品の上映や意見交換、勉強などお互いに刺激しあう場をつくろう!!というコンセプトから生まれた交流上映会です。
2008年10月に第1回としてアート・アニメーションのちいさな学校と女子美術大学の交流上映会をおこないました。

【ワカサカ 第2回について】
第2回のテーマは「たくさんみる!!」です。人形、粘土、切り紙、ドローイング様々な手法でつくられたアニメーション作品を、たくさん見て、若手作家同士で意見交換を行い、お互いの作品の見方や考え方を深めるきっかけをつくってください。

【開催要項】
開催日:2008年12月6日(土)
開催時間:18:00~20:00
参加費:500円(お菓子代として)
開催場所:アート・アニメーションのちいさな学校 2階教室
     http://www.laputa-jp.com/school/09.html

【参加申し込み】
参加をご希望の方は下記の宛先まで、①氏名(代表者)、②参加人数、③連絡先(電話番号、メールアドレス等)をお送りください。

宛先:school@laputa-jp.com
アート・アニメーションのちいさな学校 ワカサカ担当 森下

今回は、一般の方の参加も可能です!
お友達を誘ってどんどん参加してください!
みなさまのご参加お待ちしております。



b0153230_17522086.jpg

[PR]
by 2008_smallschool | 2008-11-25 17:52 | お知らせ

見学会 夜間

本日第一回目引き続き夜間の見学会が行われました。
多くの方が見学に来ていただき嬉しい限りです。
(・・・このちいさな学校は駅から入り組んだ道にあるので、迷ってしまわれた方がいらっしゃり、誠に申し訳ありませんでした。。)
金曜日は夜、立体と平面の授業があります。
地下スタジオ、事務局内のマルチスタジオ、事務局2階の教室にて授業が行われています。

ただいま授業の進行状況は
立体はセット製作、撮影に入っています。
平面は絵コンテの講評も終わり、いよいよ製作です。という具合でございます。

マルチスタジオ見学。撮影に入っているため、外から見学する見学者のみなさん。
b0153230_1153658.jpg

教室、平面授業見学。奥では石之先生が生徒を指導中。
b0153230_1155471.jpg

今年の平面夜間はみなさん仲が良く、個人作業ですが、チームワークがあるようです。
和気あいあい、アニメイトを楽しんでいるようです。

今年の見学会はひとまず終了しましたが、来年にもう一度ありますので、
申し込みを逃した方は、是非お申し込み下さい。

---

□アート・アニメーションのちいさな学校で、アニメーションに打ち込でみる、初めてアニメーション挑戦するなどでライフサイクルに楽しい時間と楽しいひとときを過ごしてみませんか?
こころから楽しむことが良い作品を生み出す切っ掛けになるはずです!!
まずは見学してみて下さい!!

○第2回 見学会日程
 昼間部:1月 9日(金)2時半〜4時
 夜間部:1月16日(金)7時〜8時

お申込み方法:ご氏名、連絡先、希望見学コースを明記の上、下記まで送信ください。
school@laputa-jp.com
(受付終了:見学日の前日まで)

【お問合せ】※パンフレットなど書類送付希望の方もお気軽にお問い合わせ下さい〜♪
アート・アニメーションのちいさな学校
〒166-0001 東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-13-13 1F
TEL 03-3330-3122  FAX 03-3330-3124
school@laputa-jp.com
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-11-21 22:41 | お知らせ

ケーキは最高のごちそう!

最近、ますます寒くなり、腰にカイロを貼ってどうにか過ごしています。
学校は事務局からスタジオが離れているので、一旦外に出なくてはならないので、
冬は応えます・・。夏の猛暑も大変でしたが・・・いい運動になるので良しとしていますが。

本日、夜間生徒さんから事務局にお手製お菓子の差し入れが!!(わーぉ!!)
スタッフーのM氏が21日誕生日だったので、ブラウニーを頂きました!!私どもにも!(涙)
度々、夜間の生徒さんから事務局にお手製ケーキをいただいているんですが(感謝)、またこれが旨い!!事務局スタッフは毎回ケーキをいただく度に癒されております(癒)。

ブラウニー(という名前でしたよね?)史上最高のケーキだと思われます。
幸せになれます。アニメーションしながらケーキも製作。二刀流ケーキ派!
b0153230_1220074.jpg


ひさびさに潤ったスタッフは元気良く帰って行きました。
(最近、疲労具合がそれぞれすごく暗かったのですが今日はにこやか)

あぁ、スタッフはお菓子大好きっす☆
ついさきん、立体の生徒さんからもジンジャークッキーをお土産にいただきまして、ありがたいことです。元気になるクッキーでございました(感謝)。
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-11-21 20:19 | 学校の日々

冬になります

もう11月もいよいよ中旬。もうすぐ12月。・・・!!!
早っ!!あれま、もぅ、もぅでございますか!?
つい最近、学校の近くの阿佐ヶ谷の商店街ロードからクリスマスの曲が流れている中、七五三を祝う親子が通り過ぎてゆきまして、あぁ、微笑ましい!と思いつつも、、ここはどこの街ですか!!。。と一人心の中で突っ込みつつ、これは、あぁ!ミスマッチー☆

前置きはさておき、本日は授業がない日で、そういう日は自主製作日でございます。

現在、黒幕で仕切っているためスタジオ奥、手前も見えません。ただ生徒の気配はしました。照明を当てているので、安易に暗幕を開けれません。なので、声かけ文化が生まれていました。「通りまーす、今通って大丈夫ですかー?」などなど。
かなりセットも出来てきております。

平面は絵コンテの提出も上場(一部上場?)で製作作業に入る見込み。

季節は冬ですが、ちいさな学校ただいまヒートアップしております。
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-11-18 20:54 | 学校の日々

第一回見学会

今日は第一回目の昼見学会が開催されました。
本日10名来校していただけました。
最初は事務局でアンケートに答えてもらい、地下劇場にてスタッフより説明等があります。
そして実際にスタジオ、教室を見学してもらいます。
昼の授業では真賀里先生より直接、見学者にお話してもらいました。地下スタジオにて。
b0153230_144939.jpg

学校のライブラリーの一部。奥に昼の部のスタジオがあります。
b0153230_14494660.jpg

昼の部のスタジオ。セットに見入る見学者さんたち。
b0153230_1449249.jpg

教室では昼の平面コースの授業があり、作業の様子を見学してもらいました。

次回は21日夜間コース見学会があります。
見学希望の方でまだ応募してない方はぜひ問い合わせ下さい!お待ちしています。

お申込み方法:ご氏名、連絡先、希望見学コースを明記の上、下記まで送信ください。
E-mail school@laputa-jp.com
(受付終了:見学日の前日まで)

【学校見学】
○第1回
 昼間部:11月14日(金)2時半〜4時 終了
 夜間部:11月21日(金)7時〜8時
○第2回
 昼間部:1月 9日(金)2時半〜4時
 夜間部:1月16日(金)7時〜8時

【お問合せ・応募書類送付先】
アート・アニメーションのちいさな学校
〒166-0001 東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-13-13 1F
TEL 03-3330-3122  FAX 03-3330-3124
メールschool@laputa-jp.com
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-11-14 14:36 | お知らせ

照明

本日特別講義 佐野武治先生による「照明」の講義と実技がありました。
立体コースではいよいよ撮影が始まるので、撮影に欠かせない照明について、指導していただきました。

佐野武治先生は「影武者」以降「まあだだよ」まで、黒澤明作品の照明を担当。独自の光哲学でフィルターを開発(通称サノフィルター)。昨年度はそのサノフィルターの一部を学校に寄付していただきました。
b0153230_14101439.jpg

講義は学校の地下劇場。
光は足し算ではなく、引き算。強いところをひく。
「だって太陽は一つじゃない?」「照明をただあてればいいってもんじゃないよ」
「光は黒が大事。黒があるからこそ光が分かる」などなど、ひとつひとつのことばが、染み渡ります。
学校に寄付していただいたサノフィルター。
b0153230_14103627.jpg

後半はこれを実際に使って照明の実技指導。佐野先生自ら実演して熱く指導しています。
b0153230_14165064.jpg

b0153230_14122972.jpg

b0153230_1413666.jpg

b0153230_1418284.jpg

昼の情景、夜の情景。巧みにサノフィルターを使い分け、引き算し、照明を当てていく。
セットがいきいきとして物語の空気ができてきました。
立体コースの生徒はもりろん、平面コースの生徒も真剣に指導を受けていました。

作品の完成が楽しみです。

そういえば、真賀里先生が講義でおっしゃっていましたが、
「形が上手く出来ているピアノは見た目だけで、調律していなければ、音も出せず、楽器というピアノではない。しかし、中もちゃんと調律してあって、さらにプロが弾けばすばらしい音楽が奏でられる。」

・・・感慨深いコメントです。
セットがなんとなくできているのではなく、空気間、情景間という目に見えない存在をいかに演出することができるか、そしてごまかしのないアニメーションどうつくっていくか。

作品をつくることに真剣勝負でいてほしいものです。
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-11-12 22:58 | 昼間部人形アニメーション

本撮り

立体コースは本撮りシーズン到来です。
だんだんと張りつめた空気がましてきてます。(季節も加わって。)

コマ撮り撮影は根気のいる作業なので、最近気軽に授業風景を撮ることができません。
写真を撮るためにどうしても暗幕、ドアを開けるので、気まずい。。
光が入ってしまうだけでもう1テイクになってしまうので、なかなか授業の様子をお伝えしにくいです。生徒はみなさん真剣なので、邪魔しないように学校の様子をお伝えできればと思います。

すいません。撮らせていただきます。(案の定迷惑がられてしまいました。。ごめんなさい!!)
b0153230_1358268.jpg

昼の部、早くもクランクインしたチームです。

すみません。撮らせていただきます。(撮影の合間だったので、大丈夫!)
b0153230_1401847.jpg

夜間立体、マルチスタジオ。1班は半立体でカメラ調整中。
こちらもクランクインしそうです。

もう外の気温は寒くなり、冬到来です。
しかし、スタジオはなんだか熱いです。(照明がたくさんだからではありませんよ!多分熱気です!)
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-11-11 14:07 | 昼間部人形アニメーション

来年2009年4月入学者募集

世間はすでにクリスマスモードに突入。
阿佐ヶ谷は商店街の街なので、クリスマスのグッツがちらほら店先に並ぶようになりました。
さて、年も暮れに近付き、学校も卒業制作(夜間)や新期の生徒入学の準備に入ってきました。
LAFアニフェスは2009年のフェスティバル準備に入り、だんだんと忙しさが増してきているようです。

学校では新3年生が使う新スタジオの準備に取りかかりつつあります。
真賀里先生による紙模型。縮尺サイズの人間や机で間取りを決めています。
(何故か紙の超ミニチュアバッタと犬がいつの間にか生まれていました。。)
b0153230_1728332.jpg

そういえば昨日、地下劇場に野良が入っていたそうです。
猫殿もアニメーションをしたかったようで?多分、外が寒くて入ったのでしょうか。
・・なんでもありの学校でございます。

募集要項
昼の部(3年制)
○アニメーション製作コース
平面アニメーションコース(10名)/立体アニメーションコース(10名)
※基本的な絵の技術(画力・表現力)が必要(美術受験程度)
○批評・研究コース(5名)
※大学の教育課程終了もしくは卒業程度の能力を有すこと

注)尚、入学するには試験がございます。詳しくはこちらをご覧下さい。

夜の部(1年制)
●平面アニメーションコース
週1日 20名
●立体アニメーションコース
週1日(前期のみ週2日) 20名
※各コース時間19:00~21:00
※1年間でアニメーションをつくる最低限の技術・基礎を学びながら、1本の作品を作り上げて行きます。独学でアニメーションを製作してきたが基礎から学び直したい方!そんな学生・社会人の方、勉強・仕事をしながら通える夜間アニメーション講座です!!

注)尚、入学するには夜間は試験はいりません。先着順とさせていただきますので、ご注意下さい。詳しくはこちらをご覧下さい。

アニメーション製作に迷っているあなた!
アニメーションをつくってみたい!というあなた!
朗報です!思い立ったが吉日。まず、応募してみて下さい!
とても濃厚な日々を送ることができますよ!!

尚、11月、来年1月に見学会を実施しますので、是非、お問い合わせの上、ご参加下さい!
現在、撮影作業に入っているので、美術セットや完成した人形が見れます!
詳しくはこちらをご覧下さい。
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-11-07 18:15 | お知らせ

名古屋「みんなで育てるアニメーション」

11月1日/2日/3日、
名古屋大学・野依記念学術交流館にて
「みんなで育てるアニメーション」視覚文化をめぐる学際シンポジウム
が開催されました。

3日に我が学校の真賀里先生の作品「ミス・ビードル号の大冒険」が上映されることと、2日のディスカッションを聞くために、真賀里先生、ラピュタアニフェススタッフの古屋さん、杉崎とで2日間出張してきました。

チラシに書かれていましたフレーズ「にょきにょきの三日間」・・すばらしい。
b0153230_13401128.jpg

会場:野依記念学術交流館 モダンなガラス張りの楕円の建物
b0153230_13404846.jpg

ディスカッションプログラム後は懇談会が開かれ、大いに交流させていただきました!
尚、ごま食堂のオードブルは最高においしく、楽しいひととき!
b0153230_1343076.jpg

懇談会場の様子
b0153230_13431290.jpg

・・その後の2次会に参加させてもらい、話に花を咲かせ(満開)、その後、ホテルに帰った学校スタッフで少々談話(話が実のりました)してしまいました。言うまでもなく就寝が遅くなりましたが、とても楽しい時間でした。

最終日、日本作品プログラム上映後、作品製作者として真賀里さんが紹介されました!
真賀里先生の手掛けた「ミス・ビードル号の大冒険」は青森県で実際にあったミスビードル号の無着陸大西洋横断飛行の物語です。必見です!
b0153230_13473595.jpg


・・大冒険とはいきませんでしたが、杉崎たちは名古屋大学構内を冒険しました。
会場近くにはどんぐりがたくさん!緑溢れる会場の中でアニメーションを鑑賞するのも粋なものですね☆
b0153230_13433284.jpg


ーーー

先生は用事があったので、先に会場をあとにしましたが、その後、スタッフ2人名産品「ミソカツ」をたらふくいただきました。(inエスカ)
b0153230_1343489.jpg


そうそうディスカッションプログラムでは笹原浩氏、杉井ギサブロー氏、古川タク氏の三者の講演でした。
どのメッセージも重みあるものでした。
私が一番こころに残っているメッセージは「絵がある何もない部屋は絵になる。しかし、映像が流れている何もない部屋は寂しい。」いかがですか?このメッセージ。映像(アニメーション)は人がいてやっと成立するんです。”アニメーションと見る人がいる場”がひろがるといいなぁと思います。今回のこういったイベントもそのひとつですね!

そして

作り手はまず、創ることが楽しいと思えていることが大事なんだそうですよ。うちの生徒たちは楽しんでつくっているのでしょうか?おーい楽しんでいるかーい?

最後に

イベント主催者のみなさん、お疲れ様でした!
とても楽しませていただきました!!ありがとうございました〜☆
[PR]
by 2008_smallschool | 2008-11-04 14:28 | お知らせ