<   2010年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

『NHKどーもくん』•『こまねこ』合田経郎監督 来校!

b0153230_18511593.jpg
第7回監督術「NHKどーもくん」「こまねこ」でおなじみの合田経郎講演会が行われました!

講演会の様子をレポートします*

合田監督の優しくほんわりとした雰囲気でスタート。






合田流監督法は、“スタッフと一緒にやっていく”“スタッフのみんながそれぞれ自由に楽しみながらやってもらう”ということ。
「色んな人と仕事をするのが楽しい。もっと知りたいのでやっていて楽しい。そのために、スタッフ一人一人の好みの食べ物を調べたり個性を知りつつ、スタッフが始めのテーマから飛び出した時だけまとめる。コンテより良いものを創っていきたい。」と語る合田さん。
b0153230_185215100.jpg

合田監督は、6年前にティーワイオーのCMディレクターから独立して一人っきりの会社『dwarf』を設立しました。
主な仕事は、「キャラクター作り」・「ストーリー考案」・「絵コンテ」。
一番大切にしているのは人に伝えるための「絵コンテ」で、仕事の70%を占めるそうです。 
実際に現場で使われている合田さん手描きの実物絵コンテを鑑賞する事が出来ました。

どーもくんがうまれた一番はじめのイメージスケッチです!
b0153230_18524943.jpg

ほんわかとしたスケッチに会場から微笑みが湧きます。

合田さんはどーもくんの感情を、まぶたや汗をフル活用して表現。
声の秘密についてのお話もありました。
人形の具合が悪いと、スタッフのみんなで「骨折だ!骨折だ!」と治しに連れて行くそうです。
ちなみに、こまねこの関節は、人形関節の第一人者小前隆氏。

「ストーリーは“子供の頃の記憶”が頼り。それがオリジナリティ。
Detailまで思い出すこと。ほっぺたに手をあてた時の感触、足が冷たかったこと、一生懸命思い出す。変わった子でなければ、共感を得られる。」

「撮ったものを観た時が一番嬉しい。撮る時の緊張感はずっと変わらない。」

合田監督作品のアニメートは、ほぼアニメーターの峰岸裕和さんが担当。
大ベテランで、本校校長でもある真賀里文子さんと仕事をしたことも。
「アニメーションには、アニメーターの人間性がでる。女の子っぽい子がアニメートすれば、どこかかわいらしい女の子っぽい動きになる…(以下省略)」

東京都写真美術館での覗き穴展示「絵コンテの宇宙-イメージの誕生展」では、1ヶ月こまねこ公開コマ撮りをしました。

海外での評価も高く、外国版どーもくんは「日本の俳句」のようと評されているそうです。
ハロウィーンバージョンなどもありとてもかわいかったです。

質問タイムには、同業界で働く聴講者から色々な質問がでました。

講演会の後には、劇場の上のライブラリーで交流会。
b0153230_18533558.jpg

b0153230_18534859.jpg

合田監督ファンが集まり、サインをもらう参加者たち。
b0153230_1857482.jpg

一人一人に描くイラストに一つ一つ個性があり、みんなとても嬉しそうでした。


合田監督には、優しくほのぼのと周りの人のやりたいことをどんどん取り入れる中にも、譲らず変わらずという芯が垣間見えました。
「僕は何も出来ません。」と一貫してとても謙虚な姿勢。
お話の最中も、聴講者がメモを取っていると、「どきどきするので消してください。」とおっしゃっていました。

実際にお話をお聞きして、おいしいごはんを食べながら、サインもいただいて、みなさん大満足の監督術講演会でした。


実際に活躍する監督に直に触れることができ、とても近い距離で話をすることができる監督術講演会。
他ではなかなか出来ないとても貴重な機会です♪
監督術新情報は学校ホームページにどしどしアップしていきますので、是非チェックしてくださいね☆
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-02-27 20:25 | アニメーション監督術

アニメーション監督術 第6回

アニメーション監督術第6回レポートです。

今回の講師は「白蛇伝」「鉄腕アトム」など日本アニメ黎明期から活躍する重鎮、りんたろう監督です。 進行役はやっぱりこの人、原口正宏さん。
b0153230_22104145.jpg

綺麗な紫色のセーターを身にまとい「ダンディー」という言葉がぴったり!なりんたろうさん。
b0153230_2210251.jpg


今回は代表作「迷宮物語」と最新作「よなよなペンギン」(初のフルCG作品)から「アニメーションとは何か?」という根本的なテーマを解き明かします。
アニメーションの言葉の原点は「アミニズム」(原始)であるというところから話はスタート。
最近のアニメーションはストーリーが中心になっているが、映像が言語を超えて語りかけてこないとアニメーションではない。と監督は語ります。
重要なのは、絵や言葉で説明するのではなくいかにイマジネーションを触発するか。

代表作「迷宮物語」を鑑賞し、コンテを見ながら解説。
1989年劇場公開された迷宮物語は、眉村卓の小説を元にしたオムニバス形式の作品で、「ラビリンス*ラビリントス」(りんたろう監督)、「走る男」(川尻善昭監督)、「工事中止命令」(大友克洋監督)の全3話で構成されています。
りんたろうさんのパートは物語入り口として(案内役)日常から非日常の世界にいざなう役割をしています。
そこに描かれているものは監督の子供の頃の心象風景。
路地裏、缶けり、見世物小屋。
キャラクターの線がやわらかで、かつ妖しげで、動きや音、色合い、カットわり、様々な要素が強い印象を残していく、まさに言葉を超える映像表現!

感動したのはりんたろう監督の絵コンテ!
一枚一枚がかなり丁寧にかっちり描かれていました。
監督曰く、この時点で完成のイメージがはっきりと頭の中にあるのだとか。

監督は自分の作品の特徴は「光と闇」を描くところだと語ります。
そういう意味でも日常から非日常へとつながる「迷宮物語」、裏の東京が表へ出ようとする「よなよなペンギン」もりんたろう作品の特徴を感じさせます。

そして「よなよなペンギン」は元々CG嫌いだった監督の初めてのフルCG作品。
CGが嫌いだからといって否定はしない。
「CGについて考えてみようと思って」という監督の言葉に、CG盛りの「今」を見据えた上でのアニメーションの未来を考えているように感じました。

「CGにはもっと可能性がある」といいながら、「コンピューターは勝手に何でもやってくれる怖さがある」との指摘も。結局は使い手の問題で、CGだってひとつのツールでしかない。表現するのはやっぱり生身の人間ですもんね。

「マシーンを飛び越えたところでマシーンを使え!」
b0153230_2212291.jpg


か、かっこいい…。
お話を聞いていて、何に対しても表裏一体な部分をちゃんと見ている方なんだな、と思いました。

「よなよなペンギン」の絵コンテも凄まじかったです。
キャラクターと背景をレイヤー別に取り込んで、動きを確認できるかなりの力作!
「ここまでくると病気だね」と監督(笑)。
リミテッドアニメーションのような絵コンテムービーもそれだけで充分見ごたえがありました。

絵コンテを徹底的に描くのも自分のイメージをちゃんとスタッフに伝えたい。そんな監督の思いに他ならないのでしょう。日本人同士だって感覚のすれ違いがある中、フランス、バンコクでの作業ではさらに言葉の壁、感覚の違いに悩まされたそうです。
ただ「動く」だけではダメ。カットとカットのつながり、「間」を意識して動画を描いてほしいのに、なかなか伝わらない。最後には身ぶり手ぶりでのコミュニケーションです。

「映画を作るのは苦労の連続。しかし最後の最後には皆が幸せになってないと。」

りんたろう監督の言葉から温かさがにじみ出ます。
アート・アニメーションのちいさな学校は、手づくりのアニメーションを継承していくためにつくられた学校。CGで作品を作っている生徒は一人もいません。
りんたろう監督の作品がCGであっても、監督の精神は、この学校が持っている精神となんら変わりはないように思いました。

沢山名言も出ましたが、今回のベストはコレに決定!

「アニメーションはボーダレス」

国や手法のカベを飛び越えたところで勝負が出来る。そんなりんたろう監督のアニメーション監督術。本当に面白かったです。
胸が熱くなりました。
よってレポートも長くなりました。。

読んでくれた方、ありがとうございます。

b0153230_2212493.jpg

アニメーション監督術、今後の講師陣にも乞うご期待!
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-02-25 22:04 | アニメーション監督術

最終回/久里先生ありがとう!

2月20日に久里講座の最後の授業が無事終了しました。この日は、片山雅博氏(多摩美大アニメ学科の教授)も講評に参加してくださいました。ぱちぱち。
b0153230_15323163.jpg

16ミリフィルム上映で、久里先生の宝物の名作映画を上映。3年生梶原iさんが映写担当。さすが。
すてきな雰囲気の無声映画。男と女の仕草や気持ちの揺れがかわいらしい♡と、突然フィルムが切れてしまうアクシデント。。久里先生宝物がぁぁ。 その後、修復できて ホッ。
b0153230_15383515.jpg

片山先生も一人一人にアドバイス。「プロだねえ」と唸らせた生徒さんもちらほら。アニメづくりが生活の一部になって、習作が大作になった瀧沢さん。みんな良い刺激になってます。
b0153230_15434639.jpg

気を取り直して、授業後、打ち上げ。来年も続ける人、去る人(カナダ留学頑張ってね*)、過去の生徒さんも、みんなごちゃまぜ仲間たち。
b0153230_15461674.jpg

「みんな、作品できたらもってきなよ。」 「はぁい」久里先生囲んで、ハイポーズ。
b0153230_1550159.jpg

やっぱり、二次会は朝までコース☆金澤(TA)も参戦。夜な夜な語り、声もかれちゃったそうな。
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-02-25 16:00 | 久里洋二講座

絶賛作画中!!

木曜日は平面の日。
昼の部は毎週ある石之博和さんの平面アニメーション基礎に加え、隔週のコンテ実習(講師は芝山努さん!)、月1の久里洋二実習と盛りだくさん!
それらがすべてバッティングする日は…。
(前日からの作業により)朝一で屍のような生徒の姿を見ることも…ある。

この日は午後4:00~の平面アニメーションのみ。
とはいえ余裕はまったくございません!
現在、1年次最終課題のリレーアニメを製作中。
絶賛作画中であります!
b0153230_23191158.jpg


お、このライトボックス手作りじゃないですか~。
ないなら創る。この学校のモットーです。
b0153230_23193796.jpg


わたり鳥をモチーフに「力強いはばたき」「未来への希望」をイメージしながら、一人20秒のアニメーションをつなげていきます。
最初に皆7コマのはばたきのシーンを入れる。わたり鳥の半分は鉛筆で。など共通項を入れることで、1本の作品としての統一感を出しているとのこと。
逆に個性が浮き彫りになってとても面白い!

b0153230_2320645.jpg

b0153230_23203034.jpg


石之先生曰く、スケジュール的に厳しいとのことですが、ただひたすらに完成を楽しみにしております!

************

夜間アニメーションコースの授業も木曜日。
こちらも卒業制作に向けて、作画真っ最中!
b0153230_23205196.jpg


切り紙アニメーションに挑戦している人もいます。
b0153230_232158.jpg

b0153230_23212654.jpg


石之先生より動きのチェック、指導。
b0153230_2321445.jpg


トレース台の隣に置いてあったネタ張を見せてもらいました!
なんかかわいいのが沢山います。
b0153230_232263.jpg


この日は学校見学会も行われ、いつもより教室がにぎやか。
b0153230_23222655.jpg


石之先生より、「教えるのは私だけではなく、一緒に受講している皆から学ぶことも沢山ある。お互いにいい刺激がもらえます。」とのお言葉が。
まさしくそのとおり。
色んな職業、年齢の人と関われる。それが夜間コースの面白いところ。
授業のあとの飲み会、も醍醐味だったりします。

1年で1本のアニメーションを創る!というのがこのコースの目標。
作品提出まであと…。
数えるのはやめておきます。
完成に向けてとにかく走るのみ!!
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-02-18 22:22 | 昼間部平面アニメーション

ジュンビ

昼の部1年生の立体アニメーション制作。
ちょうど2チームとも撮影前の準備をしていたので、写真をとらせてもらいました。
「おおきなカブ」チーム
b0153230_1834430.jpg

b0153230_18341686.jpg

b0153230_18343447.jpg


人形やセットの配置、カメラの位置きめ、照明の当て方、背景として使っている布のしわとり…などなどやることは沢山!
映像だけだと人形は当たり前のように動いてて、照明や背景も自然に思えてしまうけど実際は色んな苦労の上に作られてるワンシーンだったりするんですよね。
そんな様々な工夫を目の当たりにする度に、人形アニメーションの奥深さを感じずにはいられません。
感覚を最大限に研ぎ澄まして、ひとつひとつ組みあげていく。
いい加減なことをしたらすぐにばれますよ!
だって真賀里さんの目は絶対ごまかせませんから!!

「つもりどろぼう」チーム
b0153230_18345380.jpg


こちらは人形の修理をしています。
どろぼうの腕をはずして植毛(?)をしています。
糸と針で手の甲の毛をつくっています。どろぼうは胸毛も立派です。

ひぃ~っ
b0153230_1835983.jpg


さてさて、ようやくジュンビが終わったあとは…
楽しいアニメイトの時間です。
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-02-17 21:39 | 昼間部人形アニメーション

背景美術見学会、アニメ史体験受講のお知らせ

寒い日が続きますね~!!
今日は大雪だそうですよ…。

今日は背景美術見学会とアニメ史体験受講のお知らせです。

「山本二三<絵映舎>の背景美術」見学会!
 4月〜本開講の背景美術。
 初心者でも大丈夫?どんな絵が描けるようになるの?受講生のレベルは?
 などなど。ちょっとでも「背景美術」が気になってる方必見!
 百聞は一見に如かず。
 まずは山本二三さんのデモンストレーションが見て、お話を聞いて決断を。 
 
 ・2月27日(土) 午後3時〜4時
 ・3月13日(土) 午後3時〜4時
 ※授業は午後1時半〜4時半です。
  上記の時間が合わない場合はご相談ください。

b0153230_214291.jpg


「データ原口の世界・日本アニメーション史」体験受講!(1回無料)
 歩く人間データベース、原口正宏が熱く激しく語るアニメーションの誕生から現在まで。
 毎回、沢山の作品が見れて沢山の知識をもらえるこの授業。
 そして何より原口さんのキャラクターが授業を何倍も楽しませてくれます!
 もっと沢山の人に聴いてほしいので、体験受講、受付けます!
 
 日程:2月24日、3月3日、3月4日、3月10日、3月11日、3月17日、3月18日のいずれか1回は無料。
 時間:午後6時半〜9時

2回目からは単回¥1,800でよろしくお願いします!
現在の授業の内容はブログにて紹介しております。

b0153230_2142727.jpg


参加希望者は前日までに下記メールアドレスへ送信・申込みください。
メール送信先 school@laputa-jp.com

〜メール内容〜
件名:「背景美術見学会参加希望」、または「アニメーション史体験受講参加希望」
本文:氏名、連絡先、参加希望日
 
******

事務局では今日も、作品完成に向けて各所で生徒たちが制作中です。
最近では、夜間の生徒さんが朝からスタジオを使っていることもしばしば…
スタッフの出勤時間に合わせてやってきます。素晴らしい心意気!

締切りまで24日。
卒業制作上映会まであと38日。
数字にすると恐ろしい!

皆さん、風邪などひかぬようご自愛くださいませ。
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-02-17 21:09 | お知らせ

撮影監督・加藤雄大/黒澤・岡本・大林の現場を語る

初監督作品「手のひらの幸せ」公開記念特別企画
日時:3/2(火)pm7:00-8:30
場所:地下劇場(アート・アニメーションのちいさな学校)
講座料金  ¥1.000
主催  アート・アニメーションのちいさな学校
共催  映画館「ラピュタ阿佐ヶ谷」
〒166-0001 東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-13-13-1F
【お問い合わせ】03-5373-5780
b0153230_15381621.jpg
「ジャズ大名」撮影現場より。左から加藤雄大氏と岡本喜八監督

加藤雄大 プロフィール
1943年生まれ。東宝に入社し、黒澤明作品の撮影助手を経験。撮影監督として『連合艦隊』で一本に。木村大作氏の後を継いで岡本喜八作品を担当『近頃なぜかチャールストン』『ジャズ大名』『EAST MEETS WEST』『助太刀屋助六』まで大林宣彦監督作品など多くを手がけている。大森一樹監督『ゴジラvsビオランテ』、東条英機『プライド』も。最近ではマキノ雅彦(津川雅彦)監督の「次郎長」がある。

2010年 手のひらの幸せ 1/23(土)公開
監督:加藤雄大
出演キャスト:浅利陽介 河合龍之介 村田雄浩 生稲晃子
あらすじ:歌手で作家の布施明による童話を実写映画化した感動ドラマ。昭和30〜40年代を舞台に、身寄りをなくした兄弟が支えあい、いくつもの困難を乗り越えていく姿が涙を誘う。

撮影監督作品 (監督名/出演キャスト)
2009 ジャイブ 海風に吹かれて(サトウトシキ/石黒賢 清水美沙 )
2009 旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ(マキノ雅彦/西田敏行 中村靖日)
2008 空へ 救いの翼 RESCUE WINGS(手塚昌明/高山侑子 渡辺大)
2008 次郎長三国志(マキノ雅彦/中井貴一 鈴木京香)
2007 22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語(大林宣彦/筧利夫 鈴木聖奈)
2007 転校生 さよならあなた(大林宣彦/蓮佛美沙子 森田直幸)
2006 風のダドゥ(中田新一/榎木孝明 木村文乃 勝野洋 角替和枝)
2004 理由(大林宣彦/柄本明 渡辺えり 真鍋卓也 菅井きん)
2004 娘道成寺 蛇炎の恋 (高山由紀子/中村福助 牧瀬里穂)
2002 なごり雪(大林宣彦/三浦友和 須藤温子)
2002 修羅のみち4 北九州代理戦争 (小澤啓一/哀川翔 松方弘樹)
2002 修羅のみち3 広島・四国全面戦争 (小澤啓一/哀川翔 松方弘樹)
2002 助太刀屋助六 (岡本喜八/真田広之 鈴木京香 村田雄浩 仲代達矢)
2000 ナトゥ 踊る!ニンジャ伝説(大森一樹/南原清隆 ネハ・ドゥピア)
2000 生地獄(藤井秀剛/本田博仁 白石嘉子)
1999 ゴジラ 2000 MILLENNIUM(大河原孝夫/村田雅浩 )
1998 修羅がゆく8 首都血戦(澤田幸広/哀川翔 にしきのあきら)
1998 プライド 運命の瞬間(伊藤俊也/津川雅彦 いしだあゆみ 奥田瑛二)
1997 ご存知!ふんどし頭巾 (小松隆志/内藤剛志 坂井真紀 )
1997 修羅がゆく5 広島代理戦争 (佐々木正人/哀川翔 萩原流行)
1997 樹の上の草魚(石川淳志/西川忠志 吉本多香美)
1997 恋と花火と観覧車(砂本量/長塚京三 松嶋菜々子)
1996 風のかたみ (高山由紀子/岩下志麻 坂上忍)
1996 爆走!ムーンエンジェル 北へ (山口和彦/工藤静香 永島暎子)
1995 さよならニッポン!(堤幸彦/緒形縁 藤真利子)
1995 EAST MEETS WEST(岡本喜八/真田広之 竹中直人)
1994 ラストソング(1994)(杉田成道/本木雅弘 吉岡秀隆)
1993 極東黒社会(馬場昭格/役所広司 近藤真彦)
1992 勝利者たち(松林宗惠/三國連太郎 司葉子)
1992 マンハッタン・キス(秋元康/いしだあゆみ 室井滋 柄本明 吉田栄作)
1992 奇跡の山 さよなら、名犬平治 (水島総/中江有里 渡瀬恒彦 菅原文太)
1991 ストロベリーロード(蔵原惟繕/松平健 石橋保)
1990 花の季節(中田新一/栗原小巻 小林稔侍)
1989 ゴジラVSビオランテ (大森一樹/三田村邦彦 田中好子)
1988 ピラミッドの彼方に ホワイト・ライオン伝説(中島紘一/アンヌマリー・マクエボイ)
1987 ケニー (クロード・ガニオン/ケニー・イースタディ)
1986 ジャズ大名 (岡本喜八/古谷一行 財津一郎)
1986 童貞物語(1986)(小平裕/菊地弘 光石研)
1985 山下少年物語 (松林宗惠/穴見潤也 松岡克洋)
1985 菩提樹の丘 (戸田康貴/栗原小巻 シャム・ケーシー )
1984 夏服のイヴ(西村潔/松田聖子 羽賀研二)
1984 ヨーロッパ特急 (大原豊/武田鉄矢 ガブリエル・サニエ)
1983 TOSHI in TAKARAZUKA Love Forever ラブ・フォーエバー(井上梅次)
1981 すっかり…その気で!(小谷承靖/烏丸せつこ 北野武 植木等 なべおさみ)
1981 近頃なぜかチャールストン(岡本喜八/利重剛 藤木悠)
1981 連合艦隊 (松林宗惠/永島敏行 金田賢一 中井貴一)
1981 トラブルマン 笑うと殺すゾ(山下賢章/河島英五 財津一郎)
1979 関白宣言 (松林宗惠/さだ繁理 名取裕子)
1977 八甲田山(森谷司郎/高倉健 北大路欣也 三國連太郎
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-02-16 15:46 | お知らせ

本日の美術

こんばんは!
今日は久しぶりに昼の部1年生の「美術」の授業をレポートします!
毎週月曜は美術の日。講師は現代美術作家の池ヶ谷肇さん
毎回ユニークなお題が出題され、一日かけてイメージを絵に仕上げ最後に鑑賞会、という流れで行っています。

今日のテーマは…
特別な場所シリーズ<無人島とは何か>
お題『無人島生活17日目の昼下がりをデザインする』

与えられた言葉を自分の中に取り込んで、こねくり回して吐き出す。表現する。物語を生成する。
「美術」の授業はその訓練です。
最初は出されるお題に対してなかなか発想や手が追いつかなかった生徒たちですが、だんだんとコツをつかんで手の動きもよくなってきた様子。
b0153230_21575895.jpg


「17日目」「昼下がり」といったところに池ヶ谷さんの仕掛けを感じますね。
一般的に舞台となりやすい「無人島」をどう解釈するか。
例えば「無人島」を「閉ざされた世界」だと捉えれば何か別の独自のシーンが出てきそう。
発想を助けるアドバイスもとても的確で、面白い。
b0153230_21582897.jpg



最後の鑑賞会で、ひとりひとり作品の解説。
b0153230_2159147.jpg

構図、素材の選び方などなど表現する上での技術的なこともちゃんと指導してもらえます。

この授業で1冊のスケッチブックが物語でいっぱいに!
ネタに困ったときはきっと皆見直したりするんだろうな。
大切な財産。継続は力なり。

2年次も続く!
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-02-15 22:00 | 学校の日々

小林準治・作画演習

今日はほんとうに寒いですね。
小雪がきらきら舞い踊っています。
毎週土曜日に開講している、小林準治先生作画演習授業風景のレポートです*

小林準治先生の作画演習は、“基礎的なものの動き”、“人や動物の歩きや動作”を、
毎回のテーマに沿って自由に作画する授業です。

熱心にライトボックスと動画用紙に向かう生徒たち。
b0153230_10595165.jpg

b0153230_22545561.jpg

b0153230_22553892.jpg

b0153230_11243875.jpg

b0153230_22552860.jpg



途中途中小林先生に描いた動画をみてもらいます。パラパラと動きを確認する先生。
b0153230_2335483.jpg

ベテランアニメーターの綺麗な線が描きこまれていきます。
b0153230_2341352.jpg

アドバイスをしながら、修正用紙に直しを入れていきます。
b0153230_235663.jpg

b0153230_2345871.jpg

身振り手振りで動きを演習。鳥の羽の動きについて説明する小林先生。
b0153230_2351675.jpg


小林先生は、ひとりひとり惜しむことなくとにかく丁寧、熱心に教えてくれます。
生徒たちもやりがいがありますね。

描いた動画をCLAY TOWNでテスト撮影。
b0153230_23644100.jpg

ドキドキわくわく。実際の動きをその場ですぐ再生してみます。
b0153230_2363354.jpg


小林先生の軽快な話が飛びかうなか、集中して作画に取り組む生徒たちでした。
b0153230_11503368.jpg




小林準治先生の作画演習は、来年度、公開講座から一般講座に変わり新スタートします。
ものの動きをマスターしたい方、動きの基礎が知りたい方、
作画のエキスパート小林準治先生に直接教えてもらいながら、実際に描いてみよう!
大ベテランの綺麗な鉛筆の線・しっかりとした動きをライブで見ることができ、直接密に教えていただけるとっても貴重な機会です。
***********************************************
基礎作画力を磨きたい!
『小林準治の動く!作画演習』

手塚治虫の実験アニメーションを片腕として支えてきた名アニメーター小林準治の作画基礎演習。「ものはどのように動くのか、リアルでなくともよいが、その理屈は知ろう。それらの知識があると無いとでは後にずとと違ってくる。」身に付けておきたいアニメーション作画の基礎を学ぶ。

【受講期間】
 隔週土曜:午後1時〜午後5時
 前期:2010年4月17日〜9月25日<全11回>
 後期:2010年10月9日〜2011年3月5日<全11回>

【受講料】
 各期:¥75,000円 /通年受講:¥140,000円

【定員】
 各期20名/先着順

【締切】
 前期:2010年4月10日/後期:2010年10月2日

○お申し込みはこちら
***********************************************
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-02-13 23:08 | 小林準治作画演習

背景美術、皆勤賞は山本二三先生の原画!!

ラスト三回となる背景美術講座。背景美術講座(全12回)は皆勤候補が何名かでてきそうです。
すると、皆勤賞に原画をプレゼントしようかと、とっても気さくな山本先生。
「みんな、さまになってきた。」アナログのかけがえのない魅力を教えてくださいました。
生徒さんの、光と風を感じる、気持ちいい絵ができてきました。
b0153230_17512453.jpg

今日は、リクエストもあったエアブラシの技法をデモンストレーションを披露。
初めて触る器具に、新鮮な感覚で取り組みました。霧や雲がさらさらとできてきました。
b0153230_17521058.jpg

3月末に山本先生のDVD「THE NIZO」が発売されます。
山本先生の原画がいっぱい詰まったMusicクリップの「植樹祭(5min.)」は、特別に学校で上映していただけることになりました(4月末)
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-02-13 17:57 | 山本二三背景美術