<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

くい打ち

見本作画を才田さんが毎回の課題毎に描いてくれ、複製を生徒に配布しています。
一つの課題で2~3パターン、アレンジ入りの見本もありとても面白いです。
今回のくい打ち動画では餅つきとこねつきばあちゃんも登場。
ボール投げではノルシュテインの狼がキャラクターでした。
一つの動作にも色々なパターンやアレンジがあるとイメージも膨らみ楽しいですね。
b0153230_15193780.gif

みんなもくもくと集中して作画に取り組んでいました。
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-07-29 12:49 | 才田俊次発想の作画術

自己紹介を切り絵アニメーションで

今回もまたまた撮影です。三脚、カメラ、パソコン、照明、このセットでコマドリ。
前回、自己紹介の言葉をICレコーダーに入れてもらい、それに合わせてアニメシナリオを作成しました。
b0153230_19441252.jpg

15秒くらいの詩のような声と自作の絵が醸し出すハーモニー。みんな意外と詩人です。
b0153230_1947781.jpg

奮闘し、いつもより延長した後、講評会。すてきな自己紹介アンソロジーができました。切り絵アニメの多面性を発見できた課題でした。。。
b0153230_19491644.jpg

[PR]
by 2008_smallschool | 2010-07-25 19:51 | 切り絵アニメーション

好評につき今年も!「夏の人形アニメーションWS!!」

昨年に行った夏の集中WS、好評につき今年もやります!
「圧倒的な9日間!夏の人形アニメーションワークショップ」
b0153230_19255358.jpg

今年は人形づくり・アニメートに加えて、カメラ&ライトを!
空間を切り取る力と光の技のマジックを体験しよう!

CMから映画まで絶大な信頼を寄せられている撮影監督〜絵描きでも
あるがゆえの光の色にこだわる照明マン〜「世界遺産」をいまも撮り
続けている業界屈指のカメラマン。撮影と照明の専門家を加えた、
この夏限定の先生チームと人形アニメーションの専用スタジオ
「阿佐ヶ谷ヌクスタジオ」を存分につかって"ものづくり"に没頭、
本気のショートアニメをつくる!
詳細はこちら

<講師プロフィール>

真賀里文子(人形アニメーター、演出家)
「コンタック」「NTTドコモダケ」など1000本以上のCM、
映画「帝都物語」の特撮、TV、展示映像など幅広いメディアで
活躍する人形アニメのエキスパート。

中堀正夫(撮影監督)
コダイ・グループ主宰。『帝都物語』から『姑獲鳥の夏』まで実相寺監督との
タッグは有名。テレビ、記録映画、CMなども数多く手掛ける。「はりまや橋」('09)
「NECK」('10)

佐瀬康洋(照明)
『ミス・ビードル号の大冒険』に照明で参加。『ベネッセ』ほか多くのCM、映画の照明を
手がける。ちいさな学校でもマガリチームとして生徒たちに照明を指導。絵描きでもある照明マン。

樋田勝也(カメラマン・プロデューサー)
かつての『七人の刑事』のカメラマンであり、『世界ウルルン滞在記』や『情熱大陸』、
『NHKスペシャル』をはじめ数々のドキュメンタリー番組を手がける撮影技術会社インフ、
およびサスカッチ代表。

山本真由美(人形製作)
人形作家・保坂純子さんの一番弟子。通称リンダちゃん。
映画やCMなどのアニメーション用人形や手使い人形、ポーズ人形など製作。

期間:2010年8月23日(月)〜8月31日(火)9日間
連日10:00〜15:00(指導)設備は19:00まで使用可 
受講料:¥60,000(材料費込み)
定員:20名(先着順)
締切:8/17(過ぎる場合は要相談)

現在受付中!どうぞよろしくお願いします!

昨年の10日間WS作品がyoutubeにてご覧いただけます!
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-07-24 19:44 | お知らせ

デジタル岡山グランプリ

b0153230_21114745.jpg

映像コンテスト デジタル岡山グランプリ、作品募集中です!

2010年8月31日(火)まで(当日消印有効)

映像コンテスト【デジタル岡山グランプリ】とは岡山の映像文化力の向上と岡山から全国へ向けての情報発信を目的とした、アマチュア映像クリエーターのためのコンテストです。デジタル岡山グランプリ実行委員会は、今年も県内外のたくさんの企業とパートナーシップを組み、『映像コンテスト 第5回デジタル岡山グランプリ』を開催します。
オリジナルティ溢れる自由作品をはじめ、郷土岡山をモチーフとしたテーマ作品など、全国からたくさんの映像作品を募集しています。
(official siteより)
審査員には杉井ギザブローさんもいます。

応募詳細

過去の受賞作
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-07-15 21:14 | 作品公募情報

ボール投げ

発想の作画術、前回のボール蹴りに引き続き本日は「ボール投げ」。“お手玉”や“卓球”の説明もありました。
b0153230_2353787.jpg

みんなもくもくと作画に取り組んでいました。
b0153230_2381518.jpg

[PR]
by 2008_smallschool | 2010-07-15 11:23 | 才田俊次発想の作画術

地・水

山本二三さん、背景美術、長らく続いた「」を突きぬけ、「」に入りました。
通常通り、デモンストレーションではメモ帳とカメラ片手に生徒が集まり、山本さんの筆さばきにみんな魅入っていました。

b0153230_22574056.jpg

時をかける少女”の夕景や実際に仕事で描いたレイアウトなどをお手本に、様々な色彩の空ができることなどをお話されていました。

生徒作品(第一期生:レイアウト)
b0153230_22572755.jpg

b0153230_22573333.jpg


minimumsからスタジオジブリのマリンバアレンジ楽曲集“ジブリの森”が発売されました。
b0153230_2153215.jpg

Jacketは山本二三さんの“もののけ姫”背景の森です。
かわいらしくアレンジされています♪ぜひ聴いてみてください♪

こちらは前回の授業の様子。
b0153230_2257661.jpg

デモンストレーション。
b0153230_22572088.jpg

京都からの生徒さん。
b0153230_22571410.jpg

[PR]
by 2008_smallschool | 2010-07-10 11:27 | 山本二三背景美術

わらべうた♪聴こえてきた、かな?

先週の土曜日は、第一期いろはの生徒さん達と杉並アニメミュージアムに行ってきました!
いろはの生徒さんが受付で勤めていらっしゃるので、みんなで遊びにいっちゃお〜ってノリなんですね。鈴木進一先生もお出迎えいただいて、館内の案内まで。ありがとうございました。
すごく楽しかったです♪
b0153230_18463818.jpg

さて、第二期いろはも、だんだん作品の全体像が見え始めてきました。
b0153230_18502268.jpg

作画中。繰り返し使えるカットは、描かなくてもいいこともあるんです。「ここは、アフターエフェクトで動かしちゃいましょう」
b0153230_18532497.jpg

もくもくとライトボックスに向かう生徒さん。質問が積極的に飛び交う授業風景は、いろはの特徴かもしれません。
b0153230_18581516.jpg

さぁ、今週で作画はだいぶできてきました…(まだまだの人は、7/4日曜日も来ていいですよ。石田卓也先生のクレイアニメの授業も見学できて勉強になります)
来週は、いよいよはじめてのパソコン作業へ。PCで色づけ、Photoshopをさわってみましょう。
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-07-03 19:03 | アニメ制作ソフトのいろは

課題完成!撮影は一気に…

今週の切り絵アニメーションは、ついにコマ撮りスタートです。それも、一日かけて一気に仕上げてしまうという重要な日でした。この日は、皆さん延長覚悟で授業にのぞんでくれましたね。
b0153230_18315100.jpg

各自制作した背景をしっかり養生して、、
b0153230_18321538.jpg

PCシャッターでコマ撮りスタート!
b0153230_18333041.jpg

ピンセットで一コマづつ、ていねいに動きをつけていきます。タイムシートとにらめっこ。
b0153230_1834482.jpg

完成後は、アフターエフェクトで映像化!岡本先生のアドバイスに皆さん頷いたり質問したり、完成作品を巡って盛り上がりました。思いどおりに動かせた人、もう一度チャレンジし直した人、予想外にうまくできた人、色々あるけど切り絵って奥が深い〜と思いました。
次週からは、新課題「自己紹介を切り絵アニメで表現」です。
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-07-03 18:41 | 切り絵アニメーション

グループ制作

夜間立体アニメーションコース、マルチブレーン使用班です。
b0153230_2126785.jpg

グループメンバーで制作したコンテを映像化するのに手法や素材をめぐって議論が進んでいます。

b0153230_21261564.jpg

実際に画面を見ながら、真賀里さんと卒業生の授業助手に相談しながら練られていきます。
b0153230_21265057.jpg

チーム制作は其々の意見が集まって作品がより良くなっていくのがよくわかります。

金曜日、建物の2F教室では平面アニメーションコースの授業。
平面は基本的に個人制作なので各々が石之さんにチェックしてもらいながら動画を仕上げ、パソコン操作を習っています。

地下劇場では原口さんのアニメーション史講義。今日はイジー・バルタです。
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-07-02 21:19 | 夜間部人形アニメーション

第8回トロント日本短編映画祭2011

b0153230_2016475.jpg


第8回トロント日本短編映画祭2011
作品公募情報です。

公募受付期間: 2010年7月1日〜9月15日(必着)
<応募規定・規約>
1. 作品の長さはクレジットを含め、30分以内であること。作品のジャンル、制作年、プレミアは問いません。
2. 作品は日本で製作されたもの、もしくは日本に関連したテーマのものであること。
3. 作品は著作権処理がなされているものであること。
4. 英語以外の言語による作品は、英語字幕付であること。
5. 上映決定の際、上映用素材としてNTSCビデオ形式 (DVD、mini-DV、DV-camのいずれか)での提出が可能であること。
6. 応募素材はDVDのみ受け付けます(マスターテープ、フィルムでの応募は不可)。応募用DVDは返却致しません。
7. 応募用DVDには作品のタイトル、長さ、代表者の名前と連絡先を明記したラベルを貼付して下さい。
8. 1作品につき1枚の応募用DVD、1枚の応募用紙によりご応募下さい。
9. 当映画祭は広報活動において、応募作品のスチール・音楽・2分以内の映像を使用する権利を有します。
10. 上映の決定については対象者のみEmailにて通知します。
11. 当映画祭は上映作品返却費用のみ負担致します。
12. 当映画祭は作品の取扱いには十分注意を払いますが、不測の事故による損傷等については責任を負いかねますので、あらかじめ御了承下さい。

<応募に必要な物>
★必要事項を記入し、署名済みのEntry Form(こちらからダウンロードし、英語でご記入下さい)
★応募DVD (NTSCのみ)
★あらすじ(英語と日本語でご記入下さい)

<送付先>
〒540-0004 大阪府大阪市中央区玉造1-4-14
Toronto Japanese Short Film Festival 宛

問い合わせ:info@tjsff.com
[PR]
by 2008_smallschool | 2010-07-02 20:28 | 作品公募情報